テスラ モデルS、ユーロNCAPの安全性評価で再び5つ星を獲得

model-s-crash TESLA News
Credit:Euro NCAP
スポンサーリンク

テスラは、欧州の新車アセスメントプログラム(Euro NCAP)から、今回もモデルSで5つ星の安全性評価を獲得しました。モデルYがユーロNCAPがこれまでにテストした車両の中で最高得点を獲得した数週間後に、モデルSは続けて完璧な5つ星の安全性評価を獲得したということになります。

安全性評価機関によると、モデルSはすべての試験項目で非常に高い得点を獲得しました。

Credit:Euro NCAP

テスラのフラッグシップセダンであるモデルSの乗員保護性能は94%で、側面衝突試験と救出・脱出試験で満点を獲得し、後面衝突試験でも4点満点中3.9点とほぼ満点を獲得しています。

子ども乗員保護性能も同様に高得点を獲得しています。モデルSはこのカテゴリーで91%のスコアを獲得し、「6歳と10歳の子供を対象とした衝突試験性能」では24点満点という素晴らしい結果です。

Credit:Euro NCAP

歩行者や自転車を含む「交通弱者」カテゴリーでは、モデルSは85%のスコアを獲得し、ユーロNCAPはテスラの自律緊急ブレーキ(AEB)システムが「ほぼすべてのテストシナリオで」衝突を回避したと報告しています。その素晴らしいAEBシステムにより、モデルSはセーフティ・アシスト部門で最高得点の98%を達成しました。

これに加えて更に、スピードアシスト、オキュパントステータスモニタリング、ドライバーモニタリング、レーンサポートの4項目で満点を獲得しています。モデルSは、AEBのCar-to-Carテストにおいて、このカテゴリーで唯一減点され、6点満点中5.7点という結果に終わっています。

モデルSのユーロNCAPによるテストのビデオは以下からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました