テスラ中国、2人死亡3名負傷のモデルY衝撃的事故調査に協力

tesla-model-y-crash-in-china TESLA News
https://youtu.be/7csgV2CuKNg
スポンサーリンク

テスラは、中国・広東省で起きたテスラモデルYの衝撃的な事故(2名死亡、3名負傷)の調査について、中国当局に協力するということです。しかし、SNS上では事故の原因として考えられる噂が飛び交っており、そのほとんどが事実無根、もしくはあり得ない話となっています。

事故は2022年11月5日に発生し、中国のソーシャルメディア上ではその事故の動画が出回っています。CCTVの映像には(警告:生々しい)テスラモデルYが駐車しようとした後、2車線の道路を猛スピードで走り出し、車線間を旋回しながら車やバイクを横切り衝突しながら、最終的に約30秒後に店先に激突している様子が映っています。55歳の男性運転手の家族は、ニュースが報じたように、運転手がファミレスの前で車を停めようとしたときにブレーキペダルに問題があったと述べています。ニュースの情報によると、運転手は怪我をしながらも一命を取りとめたようです。

テスラは、よくあることですが、車両ログから、事件発生時にブレーキペダルは踏まれておらず、かなりの部分でアクセルペダルが踏まれていたと主張し、事件に関する「うわさ」を信じないように注意を呼びかけています。CCTVの映像では、事件発生から約23秒後にブレーキランプが短く点灯しているように見えますが、車の後方ショットでは点灯していません。

広東省警察は、第三者機関と連携し、車両記録やCCTV映像などを調査し、事件の真相を究明する予定です。

テスラは過去にもブレーキペダルの誤作動に関する告発を受けており、上海モーターショーのブースで抗議活動を行った中国の顧客は、自分が起こした事故はブレーキの故障が原因であると主張しています。こうした非難は中国に限ったことではなく、テスラは米国でも多くの苦情を受け、それに対して「テスラ車に「意図しない加速」はない」と主張するブログ記事を発表しています。

これらの苦情は米国運輸保安庁によって調査され、テスラの突然の意図しない加速の事故はドライバーのミスの結果であり、車両の設計上の欠陥によるものではないことが判明しています。米国運輸保安庁は、米国ではペダルの踏み間違いによる予防可能な事故が年間16,000件発生しているとし、ドライバーに注意を呼びかけています。

しかし、今回のテスラの事故について、ソーシャルメディアが噂で渦巻くのを止めることはできませんでした。中国語と英語のソーシャルメディア上では、根拠なくさまざまな原因を示唆する投稿が多数あり、そのほとんどは基本的な精査に耐えるものではありません。

自動駐車をしようとして暴走し、高速で走り出したという件もあります。しかし、映像に見られるような急旋回や急加速は、オートパイロットの特徴ではなく、ましてやオートパークでもなく、いずれもブレーキペダルを踏めば無効になるはずです。また、車両のモーターが強すぎてブレーキが効かないないとする意見もありましたが、ブレーキランプが点灯していなかったこと、車両のブレーキはモーター/エンジンの力に打ち勝つように設計されていることを考えると、この説明も説得力に欠けます。

今回の事故での出来事は、他の自動車メーカーで起こったことと似ています。有名なところでは、トヨタ自動車が2009年から2011年にかけて、意図しない加速があったという報告が相次ぎ、さまざまな部品を回収する「意図しない急加速」リコールに直面したことがあります。フロアマットやアクセルペダルの設計上の欠陥が原因となったケースもありましたが、ほとんどのケースはドライバーのミスであり、高齢者や未熟なドライバーに多いことが判明しました。この問題についてのメディアの報道を追跡したところ、メディアの報道が多くされるにつれて、より多くの報告が寄せられるようになりました。

今や中国はテスラにとって米国に次ぐ2番目に大きな市場となっています。同社は最近、同国での販売台数減少への対応として、値下げを含む需要喚起策を講じている状況です。

未検証の原因がある可能性は十分にありえますが、このような状況でいつもそうであるように、誰かが間違ったペダルを踏み、パニックになったときにそれを踏み続けたということでしょう。

一方で、だからといって、設計上の欠陥がないとは言い切れません。テスラを初めて運転する人がペダルを踏み間違える(誤って両方のペダルを同時に踏んでしまう)ことは、おそらく皆さんが想像している以上に頻繁に起こっているようです。ペダルの位置が少し近いのかもしれませんが、私はペダルの安全規制について特に詳しいエンジニアではないので、詳細は不明です。また、このようなことが起こるたびに対応策が講じられ、自動的にアクセルへのパワーをカットし、アクセルよりもブレーキを優先してきましたので、この事故の原因にはなりえないとも考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました