テスラモデル3が居眠り運転のドライバーの命を救う

tesla-model-3-crash TESLA News
https://twitter.com/tesla_barbie
スポンサーリンク

テスラ・モデル3が居眠り運転で事故を起こしたドライバーの命を救い、改めてその安全性を証明しました。テスラ車の安全性は非常に印象的なため、オーナーは新しくもう1台購入する意向です。

残念ながら、人間のドライバーはさまざまな外的影響を受けるため、交通事故は後を絶ちません。ドライバーは、気が散っていたり、感情的になっていたり、非常に疲れていたりします。だからこそ、自動車は事故の際に乗員を最高度に保護するように設計されなければならないのです。

tesla-model3-white-side

@tesla_barbie/Twitterは、2022年のテスラ・モデル3が衝突事故で彼女の命を救った話をツイッターでしました。事故の前夜、彼女は眠れない夜を過ごし、翌日の午前2時45分に帰宅しました。疲労が重なり、時速45~50マイルほどのスピードでハンドルを握ったまま眠ってしまったということです。車は道路脇に生えていた木に衝突し、@tesla_barbieさんは大きな音と揺れで目を覚ましました。車は動き続け、金属製のカヤックトレーラーに衝突するまで、そこに生えていたさらにいくつかの小さな木に衝突したことを覚えているそうです。

モデル3のエアバッグはすべて展開され、彼女は確実に保護されました。その結果、@tesla_barbieは命に別状はない怪我を負っただけでした。軽い脳震盪といくつかの打撲と擦り傷を負った後、彼女は数週間で完全に回復するはずです。テスラ車の優れた保護性能により、@tesla_barbieさんは、他の車の事故に巻き込まれていたら実現しなかったかもしれない人生を、精一杯生き続けることができるようになったのです。また、@tesla_barbieさんはもう1台、ジープを所有しており、これに乗っていたら助からなかったと思うと語っています。

「前の晩に寝不足で、超遅い時間に運転して帰ってきて寝てしまいました。もし、ジープに乗っていたら、死んでいたかもしれません。」

テスラにとって、車の安全性は最重要事項です。そのすべてが、世界で最も安全であるように設計されています。オール電化で設計されたテスラ車は、横転やドライバーの負傷の可能性が非常に低くなっています。特許取得のサイドシルデザインがシャーシを支え、衝撃エネルギーを吸収し、乗員とバッテリーを保護します。高剛性ボディと強化されたバッテリーは、キャビンへの侵入を低減・防止するのに役立ちます。前後の大きな収納スペースが衝撃を和らげ、乗員が怪我をするリスクを軽減します。乗員室への侵入が少ないことで、エアバッグが完全に展開し、乗員を保護するためのスペースを確保することができるのです。

euroncap
https://youtu.be/dKaN3f2zmCQ

@tesla_barbieさんは、クラッシュしたモデル3の代わりに、自分用にもう1台購入すると述べています。彼女は、このような安全な車を開発するために配慮してくれたイーロン・マスクCEOにとても感謝しているそうです。

「昨日の午前3時にテスラを大破させてしまいました。心が折れそうです、これはひどい。でも車とエアバッグのおかげで命拾いしました。衝突しても安全な車を作ってくれたイーロンに感謝します。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました