人工知能イベント「テスラ AIデー2022」にはハードウェア・デモと大量の技術的詳細が登場

tesla-ai-day-2022 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、今週金曜日9月30日に開催される同社の人工知能イベント「AIデー2022」で何が行われるのかについて、先日予告を行いました。マスク氏の最近のコメントを考慮すると、このAIデー2はエキサイティングな話題と次世代技術のデモでいっぱいになりそうです。

テスラにとって、AIデーは今回が初めてではありません。昨年、テスラは同様のイベントを開催し、同社の人工知能に関する取り組みを概説しました。このイベントでテスラは、ニューラルネットワーク、スーパーコンピュータ「Dojo」、人型ロボット「テスラボット(オプティマス)」について、幅広く紹介したのです。興味深いことに、このイベントの主要な報道は、後にAIデーが圧倒的であった、あるいは期待はずれであったと賛否両論を巻き起こしました。

テスラは、少なくともハードウェアのデモに関しては、今回のAIデー2022がもう少しポジティブに受け取られるように、何らかの努力をしているようです。テスラCEOのイーロン・マスク氏は、最近のツイッターでのやり取りで、次のイベントで何が起こるかについて、短いながらも刺激的なティーザーを提供しました。マスク氏は、「技術的な詳細とクールなハードウェアのデモがたくさん行われるでしょう」と書いています。

特に昨年のAIデーでは、テスラは製品のデモを特に行わなかったので、マスク氏の投稿はかなり刺激的です。このことは、AIデー2の招待状にも示唆されているようで、ネット上で共有されている招待状の画像によると、イベントの開催時間は2022年9月30日の午後5時から午後11時(太平洋標準時)であることが示されています。これは丸々6時間もあり、そのうちの一部だけがプレゼンテーションに割り当てられるようだからです。

マスク氏のツイートで特に興味深いのは、「クールなハードウェアのデモ」について具体的に言及したことです。AIデー2の招待状には、サイバートラックとオプティマス(テスラボット)という2つの次期製品が大きく取り上げられており、イベントの参加者が全電動ピックアップトラックとロボットに触れられたとしても、不思議ではないと考えられます。サイバートラックもオプティマスも、結局のところ、テスラの次世代コンシューマー向け製品を象徴するものだからです。

マスク氏のこれまでの発言通り、テスラのサイバートラックは、EVメーカーのラインナップの中で、ハードウェア4コンピュータ(HW4)を搭載する最初の車両となります。ハードウェア4については、今のところほとんど知られていませんが、その詳細についてはAIデー2で語られるのではないかとの憶測が広がっているのです。

一方、ヒト型ロボット・テスラボットは、イーロン・マスク氏によって、同社の最も破壊的な創造物の1つ、つまりテスラの自動車事業よりも価値のあるものになり得ると評されています。

とはいえ、テスラ信奉者は、AIデー2022の後に否定的な報道があることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。AIデー2022のようなイベントは、極めて技術的であるため、テスラのターゲット層には評価され、素人や懐疑的な人々には誤解される傾向があります。

これは、2019年のオートノミー・デイ(自動運転に関するイベント)、2020年のバッテリー・デイ(新型バッテリーに関するイベント)、そして昨年のAIデイのイベントと、過去に何度か起きていることです。これらのイベントは、技術的なノウハウを持つ個人にはポジティブに受け止められたのですが、メインストリームのメディアでは広く非難されるという結果でした。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました