テスラ、オートパーキングとスマートサモンの進化版が間もなく登場?

model3-white-2 TESLA News
スポンサーリンク

テスラの先進機能であるオートパーキング(駐車場空きスペースに自動駐車する機能)とスマートサモン(遠くからリモートでテスラ車を自分のもとまで呼び寄せる機能)は、目を引く素晴らしいものですが、その実使用は相当限定されています。スマートサモンは、パーティで使うには便利な機能ですが、人や車が行き交う混雑した駐車場では、この機能の遅いスピードと慎重すぎる挙動が、テスラのオーナーに車まで歩いて行くことを選ばせてしまうかもしれません。

幸いなことに、テスラは高度な自動運転機能を改善しようとしているようです。イーロン・マスク氏は最近のツイッターでのやり取りの中で、テスラのオートパイロットとAIチームが同社のヒト型ロボット「オプティマス」の開発にも取り組んでいることに触れました。しかしマスク氏は、同チームがスマートサモンとオートパーキングにも懸命に取り組んでいることを表明しました。

マスク氏は、オートパイロット/AIチームが「実際にスマートな」バージョンのサモンに取り組んでいることに言及し、スマートサモンの現実世界での利用が限定的であることを、十分に認識しているようです。しかし、より興味深いのは、マスク氏が「チームには月末の締め切りがある」と指摘したことです。このことは、スマートサモンとオートパーキングの改良が間もなく登場する可能性を示唆しています。

「なお、オートパイロット/AIチームは、オプティマスと(実際にスマートな)サモンとオートパーキングにも取り組んでおり、これらは月末に締め切られる予定です」

スマートサモンはまだテスラのオーナーにそれほど広く使われているわけではないようですが、それでも人々の注目を集めるには十分な、極めてユニークな機能であることには変わりありません。たとえば、この7月には、ニュージーランドのテスラオーナーがスマートサモンを使ってみたところ、通行人を困惑させることになったばかりです。モデル3のオーナーによると、その通行人は、人間が運転せずに車両が作動していることに非常に興味を持ったそうです。

「駐車場では他の人の迷惑になることが多いので、あまりスマートサモンを使うことはないのですが、この日は駐車場が比較的静かでした。私の車が邪魔にならないようにと、数人が帰り終わるのを待ちました。そのとき、たまたまその車とすれ違った男性が、誰も運転していないことに気づき、二度見してしまったのです。私たちはそのことについて短い会話を交わすことになったのですが、彼はきっと数週間後、地元のパブで仲間たちとこの出会いのことを話すでしょう」と、テスラのオーナーはレポートしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました