テスラ新型「ハードウェア4」でレーダーユニットが復活?

tesla-hw4 TESLA News
スポンサーリンク

テスラは昨年、同社の車両をカメラベースのオートパイロットシステム、テスラビジョンに移行し始めました。レーダーはオートパイロットとFSDに大きな付加価値を与えると考える人が多かったため、この決定は物議を醸し、テスラ支持者の間でも賛否両論がありました。しかし、テスラコミュニティの最近の観察が示唆するところでは、このレーダーがハードウェア4(HW4)でカムバックする可能性があるようです。

現在のテスラには、同社のコンピュータ「ハードウェア3」(HW3)が搭載されており、これだけでもすでに非常に高度なものになっています。しかし、HW3はすでに素晴らしいものなのですが、テスラは決して進化が止まらない会社でもあり、近い将来、ハードウェア4(HW4)がロールアウトされるのではないかという期待があふれているのです。イーロン・マスク氏は、昨年のAIデーイベントで、ハードウェア4ユニットを搭載する最初のテスラとしてサイバートラックが登場することに言及し、こうした憶測を後押ししました。

テスラのハードウェア4コンピュータの仕様はまだ発表されていませんが、同社が今月末に開催するAIデー2のイベントで、HW4の機能について何らかの予告をしたとしても不思議ではありません。しかし、テスラの著名なハッカーである@greentheonlyが最近見つけた情報によると、HW4は新しいレーダーユニットを利用する可能性があるとのことです。新しいレーダーユニットはテスラのオンラインパーツカタログで予告されており、2021年モデルXの電気系統の下に記載されています。

このハッカーがレポートしたように、新しいレーダーユニットにはパーツカタログに説明がなく、イラストだけが掲載されています。また、パーツカタログに掲載されている新型レーダーユニットには、これまで使用していたレーダーやブラケットとは異なるレーダーブラケットも合わせて掲載されています。

Credit:Tesla

テスラのパーツカタログに明らかに新しいレーダーが掲載されていることは、レーダーがカムバックすることを決定的にするものでは決してありませんが、間違いなく興味深いことです。なにしろ、モデル3のエアサスペンションなど、テスラのパーツカタログに載った他の機能は、イーロン・マスク氏自身によって論破されているのですから。とはいえ、テスラのハードウェア4コンピュータが、少なくともレーダーセンサーに対応していれば、興味深いことです。

興味深いことに、イーロン・マスク氏は今年初め、HW4の潜在的なレーダー・ユニットのティーザーを投下した可能性があります。2月のこと、マスク氏はツイッターで、レーダーは今でも非常に有用だと考えている人々について考えを尋ねられました。

テスラのCEOはそのとき、「非常に高解像度のレーダーだけが関連しています」と回答しています。テスラが自社のクルマにこうしたセンサーを採用しても、最先端技術を搭載する同社の傾向を考えれば、驚くにはあたりません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました