テスラモデルY・モデル3が米国最大市場カリフォルニア州で今年上半期ベストセラーカーに

model-y-model-3 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラ モデルYは、今年上半期にカリフォルニア州全体で最も売れた車であり、モデル3は僅差で2位となりました。

テスラは本社をカリフォルニア州からテキサス州オースティンに移しましたが、カリフォルニア州は依然として米国最大のテスラ車販売市場となっています。またカリフォルニア州は米国最大の自動車市場でもあり、米国の電気自動車保有台数の40%以上を占めることから、これは驚くことではありませんが、カリフォルニア州の自動車市場全体におけるテスラの優位性は、依然として非常に強い状況です。

カリフォルニア州新車ディーラー協会のデータによると、今年上半期、テスラモデルYおよびモデル3は、電気自動車に限らず内燃機関車を含めても、カリフォルニア州で最も売れたクルマとなりました。

テスラモデルYは上半期に累計42,320台を販売し、州全体のナンバーワンモデルとなり、モデル3は累計38,993台で僅差で2位となりました。これは、同時期の欧州におけるモデルYおよびモデル3の販売台数とほぼ同じであり、カリフォルニア州がバッテリー電気自動車にとっていかに大きな市場であるかを物語っています。

それぞれのセグメント(ラグジュアリーコンパクトSUVおよびニアラグジュアリーカー)では、モデルYおよびモデル3が競合を圧倒し、それぞれ54.2%および60.8%の市場シェアを達成しました。それぞれのセグメントで、メルセデス・ベンツGLCは7,856台でモデルYに次ぐ2位、レクサスESは5,159台でモデル3を追いかける結果となりました。

また、テスラフラッグシップセダン、モデルSは、5,791台を販売し、セグメント(高級車・ハイエンドスポーツカー)シェア21.7%と、BMW 5シリーズの2,792台、シェア10.5%を上回りトップとなっています。そしてフラッグシップSUVのモデルXは、セグメント(高級ミッドサイズSUV)で3,791台を販売し、シェア8.4%で4位、トップはレクサスRXで8,796台、シェア19.5%という結果です。

テスラの2022年上半期のカリフォルニア州での販売台数は合計90,985台で、49,875台だった2021年上半期と比較して82.2%増という驚異的な伸びを示しています。ブランド別の詳細な結果を見ると、テスラがカリフォルニア州の新車・小型トラック市場で10.7%のシェアを獲得し、全体で2番目に売れた自動車ブランドだったことに驚かれるかもしれません。テスラを上回ったのはトヨタだけで、販売台数は152,838台、シェアは17.9%でした。

テスラは、BMW(30,046台)の3倍、メルセデス・ベンツ(35,815台)の2.5倍、レクサス(24,630台)の3.5倍と、カリフォルニア州で最も売れたプレミアム自動車ブランドであることも興味深い点となっています。さらに驚くべきことに、テスラはシボレー(53,226)、フォード(74,146)、ホンダ(72,990)、日産(41,052)といったピックアップトラックのラインアップを持つ主流のブランドをも上回っているのです。

テスラがカリフォルニア州で大きな成功を収めたのは、カリフォルニア州の手厚いインセンティブやEVフレンドリーな政策に加え、地元市場に簡単かつ迅速に新しい車を供給できるフリーモント工場があるおかげでもあります。このかつてはGMとトヨタの合弁会社の工場であったフリーモント工場は、2021年には週産8,550台、年産60万台の北米で最も生産性の高い自動車工場となりました。

テスラのカリフォルニア州での販売実績は、CNBCの番組「スコーク・ボックス」の注目を集めましたが、以下ではアメリカ最大の自動車市場における同ブランドの半期における記録的な業績について説明しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました