テスラはイーロン・マスク氏の550億ドルの給与パッケージ承認に向けあらゆる手段を講じる

TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、イーロン・マスク氏の560億ドル(8兆6600億円)の給与パッケージを承認させるためにあらゆる手段を講じており、外部の人材を雇用し、株主の投票を一方向に誘導するための「ツアー」のようなもののために取締役会メンバーも準備しています。

デラウェア州の判事によって却下

今年初めにマスク氏の給与パッケージがデラウェア州の判事によって却下された後、テスラはCEOが会社に与えた影響力に対する報酬を得るためにチャンスをうかがっています。一部の株主はマスク氏が巨額の報酬を受け取ることにまだ納得していませんが、マスク氏の最大の支持者とテスラの最大のファンの多くは、彼に報酬を支払わせるためには手段を選ばないようです。

同社もそう考えているようです。いくつかの新しい報道によると、テスラはマスク氏に560億ドルを支払うためにあらゆる試みを行っています。この給与パッケージは以前、株主によって承認されましたが、比較的少額の株式を保有する一人の投資家がマスク氏とテスラを法廷に訴え…そして勝利しました。

個人投資家の意志で勝敗

elon-musk-attends-the-2022-met-gala
Dimitrios KambourisGetty Images

テスラの株主総会は日を追うごとに近づいており、テスラはあらゆる手段を講じています。

ブルームバーグによると、テスラはすでに戦略アドバイザーを雇い、「キャンペーンを強化」しているとのことです。テスラの最も初期の対応手段のひとつは、投資家向けウェブサイトを開設し、株主に対し、目下のいくつかの問題に対する投票を促すことでした。

レポートによると、個人投資家はテスラの株式の42%を保有しているとのことです。マスク氏の巨額の報酬をめぐる争いは、ここ、つまり個人投資家の意志で勝敗が決まるかもしれません。

マスク氏が報酬を得られなかった場合の影響と結末は、テスラにとって莫大なものになる可能性があります。マスク氏はすでに過去一度、影響力を行使するためにテスラの25%の株式が欲しいと発言しており、もしそれが手に入らなければ、別の場所でAI技術を構築することを検討する、とまで言っています。

そうならないよう、テスラは個人株主を口説き落とし、配当を支持させることに特化したウェブサイトを構築するよりも一歩踏み込んでいます。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は本日、テスラが株主からのさらなる支持を得るために世界中を「横断」すると報じました。

テスラは、特にマスク氏がCEOを退任し、他のプロジェクトを立ち上げる用意があるのであれば、これが同社史上最大規模の投票になる可能性があることを承知していることがうかがえます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました