モルガン・スタンレー、テスラ株に強気な姿勢を崩さず

stock-market-01 TESLA News
スポンサーリンク

モルガン・スタンレー社は、テスラの生産能力拡大のニュースが流れる中、強気の見通しを維持しています。同社は、同メーカーの優位性が今後も強化されると考えており、テスラの目標株価220ドルを再確認し据え置きました。

モルガン・スタンレー社は月曜日、メキシコと中国における同メーカーの戦略的投資を評価する2つのテスラに関する報告書を発行しました。投資家向け情報サイトBenzingaによると、アナリストのアダム・ジョナス氏は、テスラがメキシコのヌエボ・レオン州に投資したのは、サプライチェーンの多様化、国内市場への近接性を生かし、安価な労働力とサプライヤーネットワークへのアクセスを得るための戦略的動きである、と書いています。最近の同地域への訪問で、労働力、資本、インフラの分野でテスラに追い風が吹く可能性があることが明らかになったということですが、政治的リスクは残っていると、このアナリストは述べています。

ジョナス氏は、ヌエボ・レオン地域は自動車のサプライチェーンに非常に慣れており、すでに100社以上の自動車部品メーカーが進出している、と記しています。つまり、労働者の再教育の必要性が最小限に抑えられるということであり、これはテスラにとって大きなプラスとなるでしょう。

Tesla-investor-day-gigafactory-mexico-1-scaled
ギガファクトリー・メキシコ
Credit:Tesla

また、メキシコの人的資本の質も素晴らしいものがあります。メキシコでは、毎年12万人の工学部の学生が卒業している、とこのアナリストは報告しています。ヌエボ・レオンは、米国や中国と比較して労働コストが著しく低いため、製造コストにおけるテスラの競争優位性がさらに高まります。

モルガン・スタンレー社によると、3月のインベスター・デイで言及された低価格のテスラの新モデルが登場する可能性があるとのことです。同アナリストは、テスラの車両製造に対する革新的なアプローチとメキシコの戦略的優位性が相まって、待望の新車価格25,000ドルに貢献すると考えています。

さらにジョナス氏は、中国では、テスラが計画している40GWhのメガパック工場が、バッテリーセルの供給過剰と米中間の戦略的ヘッジを知らせる可能性があると述べています。彼の意見では、セルの供給が電気自動車の需要を上回っているため、テスラは両地域で完全に独立したバッテリーの「産業複合体」を構築し、二本立てのサプライチェーンを実施する可能性があるということです。テスラは、規模、コスト、技術的な優位性によって、急速に事業を拡大し、コストリーダーシップを確立することを目指すことになります。

このアナリストは、イーロン・マスク氏が業界の過度な価格デフレとマージン侵食の可能性のリスクを認識していると考えていますが、同社の積極的な販売拡大は、競争力を維持するというテスラのコミットメントを強調するものとなっているのです。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました