氷点下26度で凍結したテスラモデル3にスーパーチャージャー充電

tesla-charging-minus26 TESLA News
https://youtu.be/i-c8AUeKs5c
スポンサーリンク

カイル・コナー氏の実験は、極寒の地でのバッテリーパックの挙動を示すことを意図しています。

凍てつくような寒さの中で電気自動車を充電するには、夏場の充電と比較して、オーナーにいくつかの注意が必要です。最も重要なのは、バッテリーを充電に最適な温度まで暖める「プレコンディショニング」です。その他にも、できるだけ車庫に駐車する、駐車時にはコンセントにつないでおく、バッテリーの充電量を下げないなど、EVオーナーにできることが複数あります。

しかし、それらのことが一切できない場合はどうなるのでしょうか?アウト・オブ・スペック・レビューのカイル・コナー氏は、コロラド州ラブランドにあるスーパーチャージャー・ステーションで一晩、凍てつく寒さの中に自分のテスラ・モデル3を置き、2日間連続でその様子を確かめてみた様子をYoutubeにアップしています。

最初、カイルは車に戻り、外気温が華氏マイナス14度(摂氏マイナス26度)であったにもかかわらず、何の準備もせずにスーパーチャージャーに接続したのです。

充填開始直前のメインスクリーンの様子

その結果、テスラモデル3がスーパーチャージャーに接続されてから約45分後、バッテリーパックには何のエネルギーも入っていなかったということです。これは、充電器から供給される電力をすべて、まずバッテリーを加熱するために使用したためです。

なお、カイルが最初に接続したときのバッテリーの充電状態は35%で、彼は充電制限をSoC90%に設定していました。バッテリーが90パーセントに達するまで約1時間半かかりましたが、これはEVの充電を待つ時間としては、特に凍えるような寒さの中ではかなりの長さです。

しかし、バッテリーのプレコンディショニングに費やした最初の45分間を差し引き、充電中の外気温を考慮すれば、それほど悪い数字ではありません。数字が好きな人のために、カイルは充電データのスプレッドシートも用意しています。

ビデオの冒頭でカイルがレポートしているように、これは極寒の条件下で深く凍ったバッテリーパックがどのように振る舞うかを示すための実験だとのことです。自宅やガレージに充電器がなく、スーパーチャージャーネットワークに充電を頼っているテスラオーナーにのみ関係することで、ご存知のようにスーパーチャージャーステーションは風雨にさらされています。

その他のテスラユーザーは、ガレージで一晩充電したり、長距離移動中にスーパーチャージャーへのナビゲート機能を使用することで、充電ステーションに向かう途中でバッテリーパックを自動的に暖めるなど、バッテリーが凍結する事態を回避する方法をとっています。

この凍てつく状況での充電の様子は以下をご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました