テスラセミの初納品イベント、新情報も明らかに

TESLA News
スポンサーリンク

テスラは2022年12月1日の夜、ギガファクトリー・ネバダでテスラセミの特別納車イベントを開催しました。電気トラックの初公開から5年、テスラは前日、米国カリフォルニア州モデストにあるペプシコ社のフリトレー工場に最初のセミを実際に納車したので、この節目となるイベントはむしろ儀式的なものでした。

イベントは、イーロン・マスク氏がセミのトレーラーそのものであるセミの1台を運転してステージに出るという、テスラらしい方法で幕を開けました。

マスク氏はすでに、セミが1回の充電で500マイル(約804km)走行できることを認めており、2017年にずっと約束していたスペックと一致しているのですが、木曜日に、我々が聞きたいと思っていたその他の詳細のすべてではないが、いくつか明らかになりました。

セミの動力源はトライ(3)モーター・ドライブトレインで、そのうちの1つのモーターは、巡航速度でのみ使用することで効率を最大化するために特別に使用されています。残りの2つのモーターは、勾配を上るときなど、トルクと加速度を加えるために使用されます。

Credit:Tesla

モーター自体は非常にパワフルでコンパクト、マスク氏は「手に持って運べるのに、従来のディーゼルセミエンジンよりパワフル」と説明する。

そのパワフルさを示すために、フル積載のテスラセミが6%の勾配であるドナー峠に軽々と挑む映像が公開されました。テスラセミは従来のディーゼル・セミを追い越すことができ、勾配を上るトラフィックを追い越しながら加速している様子が動画に収められています。

マスク氏はまた、最近行われた500マイルの航続距離テストの詳細についても説明し、それがフリーモントからサンディエゴまでの1回の変更と実際の交通状況下で行われたことを認めました。97%の充電でスタートし、残り4%で終了したことから、実際にはもっと走行できたことが統計的に示されており、500マイルでバッテリーの93%を使い果たしたということになります。

Credit:Tesla

そしてそのバッテリーが少なくなっても、1,000ボルトのアーキテクチャと1MW以上のDC急速充電機能で急速充電が可能です。マスク氏は、この1MWの充電がサイバートラックに搭載されることも認めました。

マスク氏から聞けなかった話として、セミの価格はいくらか、重量はいくらか、ギガネバダに隣接するセミの特別工場で現在何台生産しているか、などがあります。

2017年当時、500マイル版の価格は18万ドルとされていましたが、5年の間に大きく変わり、その価格が20万ドルを超えていてもおかしくはないでしょう。また、トラックがどれだけの重量を引っ張れるかを決定するため、セミ自体の重量も重要です。マスク氏は、電気トラックは(トラックとトレーラーと貨物の)合計重量が82,000lbs(約37トン)になると言っていますが、セミ自体の重量がその半分であれば、明らかにトラックとしての運搬能力が削られることになります。

テスラは今年100台のセミを生産し、2024年には5万台まで増やしたいと考えており、この数字はテスラを北米最大のクラス8トラックメーカーの1つにするものだと取締役会議長のロビン・デンホルム氏は話しています。

配信イベントの様子は、下記からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました