テスラギガ・ベルリン工場、生産性を9月比で65%向上、12月には3シフト制に移行予定

tesla-giga-berlin-tesla-gigafactory-4 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラ・ギガファクトリー・ベルリンは、9月と比較して生産性を65%向上させました。これに伴い、12月には3番目のシフトを増設する予定です。

ギガ・ベルリンの従業員はここ数カ月で大幅に生産量を増やすことができ、テスラが年内に工場で3番目のシフトを追加する計画を前倒しで進めるようです・テスラは、今年オープンした2つの新工場、ギガ・ベルリンとギガ・テキサスの成功を祝っています。ギガファクトリー・テキサスでは9月中旬までに1万台のモデルYを生産したことを明らかにした後、10月末に2万台を突破したことを発表しました。

ギガ・ベルリンの生産に関するテスラの最後の更新は9月に行われ、工場のクルーが1週間で2,000台を製造する能力を達成しました。ギガ・ベルリンの現在の週6日勤務の稼働率を100%と仮定すると、工場の生産台数は1日あたり約333台となります。

テスラの発表によると、同工場は先週、1日の生産台数で約550台の新記録を達成し9月に比較して65%の増加、1週間の生産台数は約3,300台となる可能性があるとのことです。この高水準の生産能力により、テスラは週あたり5,000台の生産という目標に近づいています。これを実現するため第3番目の車両生産シフトを追加する計画を前倒しする計画のようです。

giga-belrin-fy22
Credit:Tesla

我々が見た資料によると、この第3番目のシフトは12月中旬に開始される予定です。テスラは当初、12月に第3シフトを追加することを希望していた後、その計画を来年初頭まで延期していましたが、増産と雇用の増加により、現在ではその計画を前倒しして当初の予定通りに進めています。

第3シフトによって24時間の生産が可能となり、工場は週5,000台の目標に容易に到達するはずですが、カレンダーが2023年に変わる前までには、まだ無理かもしれません。

テスラはすでに工場の拡張に着手しており、第3シフトはこの時期に実施される予定となってます。既存施設の北側にある広大な敷地が整地され、テスラは年内にプロジェクトの第一段階の許可申請を提出することのようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました