テスラFSD「実用的」スマートサモンはもうすぐ完成

TESLA News
スポンサーリンク

テスラFSDのスマートサモン機能が、もっと実用的になりそうです。テスラは、これまでサモン(召喚)機能を改良するために取り組んできました。

そしてこれまでのところ、スマートサモン(自分の近くまでアプリで車を呼び寄せる機能)はFSDオプションを購入した顧客が積極的に使用する機能というよりは、楽しいパーティーの仕掛けのようなもので、実用性は乏しいものした。テスラFSDのスマートサモン機能は、ユーザーが毎日快適に使用できるようになるまでには、まだいくつかの課題を克服する必要があるのが現状です。

スマートサモンは、駐車場をナビゲートして目的地に到着する際に、まだ「バグ」があります。そのため、ユーザーは周りに人が少ないときや、自分自身の駐車場での車の操作にこの機能を使うことが多いようです。例えば、目的地に着くためには、まず駐車場からバックで出る必要がある場合、スマートサモンは、クルマを後ろ向きにした状態で駐車しているときにトラブルが発生することが多いといわれています。

「テスラに報告したところ、最後に動いていたときのバックでの操作を忘れてしまうという厄介なバグがありました。再び起動すると、位置と進行方向を記憶しています。しかし、クルマ自身は正転していたと思い込んでいるので、今度は現実と180度違う方向を向いていると思い込んでしまうのです。」と、あるFSDユーザーはスマートサモンについて述べています。

「実際に動き出して、GPSの位置から進行方向が逆であることがわかるまで、修正されないのです。GPSが受信できない場所に停車している場合は、長い時間がかかることもあります。」

シングルFSDスタック

2021年、イーロン・マスクCEOは、スマートサモンは時々役に立つが、ほとんどは「ただの楽しいトリック」であると指摘しています。彼は「シングルFSDスタック」に移行すれば、FSDのサモン機能と高速道路走行は改善されると付け加えました。

Tesla-Fsd-labeling
Credit:Tesla

9月末に開催された人工知能イベントテスラAIデー2022において、FSDの専門家が、高速道路走行時のFSDスタックが、すでにテスラがリリースしている市販スタックよりも性能が良いことを指摘しています。また、テスラが年内にFSDスタックに搭載することを目指している、オートパーキングスタックについても言及しました。スマートサモンとオートパーキングの機能は、通常テスラFSDと連動している機能です。

オートパーキングスタックについて詳しく説明すると、FSDの専門家は次のように述べています。

「だからそれは基本的にあなたが車に座っていたままでも、駐車場で自動で運転しきちんと駐車する結果をもたらす事になるでしょう。」

現在、テスラはFSDベータプログラムでv.10.69.2.3を走らせています。v.10.69とそれに続くイテレーションには若干の問題がありましたが、FSDベータテスターは登場以来、大きな機能改善を経験しています。

テスラは近くバージョン10.69.3をリリースする予定であり、マスク氏はそれがまたFSDに大きな改善を導入すると予告しています。10.69の改善、AIデー2022での発表、そしてマスク氏からのアップデートから、テスラは機能向上が見込まれるシングルFSDスタックのリリースに近づいているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました