トヨタの新型電動セダン、ターゲットはテスラ・モデル3

bz3-toyota TESLA News
Credit:Toyota
スポンサーリンク

トヨタの新型電気自動車「bZ3」は今後欧州でも発売される予定ですが、まずは中国でデビューする計画です。

トヨタは、新しいセグメントで競争するための独立したモデルとともに、各主要製品に代わるゼロエミッション車を発売することで、これまでで最も迅速かつ包括的なBEV展開の一歩を踏み出そうとしています。

同社は近年、電動化だけが世界の自動車産業の脱炭素化への道ではないとの考えを表明していますが、世界有数の自動車メーカーとしての地位を維持するためには、最も人気のある市場セグメントをカバーする多様で包括的な電気自動車の投入に全力を注いでおり、この分野での成功は極めて重要です。

トヨタは、フォルクスワーゲン、ステランティス、起亜、現代といった既存の主流ライバルと同様に、特注のEVプラットフォーム「E-TNGA」を、現在の内燃エンジン車の後継となる新しいEVシリーズの基盤として使用しています。

その先陣を切っているのが、RAV4サイズのクロスオーバーbZ4Xで、ホイールマウントの不具合で世界発売が遅れていたのを修正し、現在出荷中です。

昨年末にトヨタの豊田章男社長が発表したラインアップのプレビューによると、bZ4Xに続いて、都市部中心のスーパーミニから頑丈なオフロード車、大型SUV、小型商用車、世界で最も人気のあるEVモデルを狙った洗練された新サルーンなど、主流および愛好者志向のEVが多数登場する予定だということです。

Credit:TOYOTA

今回のセダンは、コンセプトではbZセダンと呼ばれていましたが、現在はbZ3の名前で生産されると考えられており、まず中国市場をターゲットにする予定とのことです。

トヨタは最近、中国とアメリカ向けに、フラッグシップのクラウンを、燃焼式パワーを備えながらも、印象的なスタイルのハイトライディング・ファストバックに作り変えましたが、これを欧州に導入する計画については明らかにしていません。

しかし、テスラ・モデル3から市場シェアを奪うことに熱心なライバル企業が、同じようなポジションの新型車を大量に投入しているため、bZ3の欧州における見通しは、早ければ2024年にも登場する可能性があり、確かなようです。

フォルクスワーゲンは来年、より洗練されたID 6を中国で発売し、現代は同様のポジションのIoniq 6を数カ月以内に発売する予定です。また、新興の(しかし急速に拡大している)中国企業からは、Nio ET5、Xpeng P5、まだ確定していませんが可能性は高いBYD シールなどの電動エグゼクティブサルーンが続々と登場して、グローバルに競争が激化しています。

シールが興味深いのは、トヨタとBYDの新しいパートナーシップにより、BYDの革新的なリン酸鉄リチウムバッテリー技術「ブレード・バッテリー」を採用したbZ3が誕生する予定だからです。この技術は、従来のリチウムイオンバッテリーに代わる安全性とエネルギー密度を備えたライバル車の動力源になると言われています。また、よりコンパクトになり、室内空間の点でもbZ3は優位に立つことができるはずです。

全長4725mm、全幅1835mm、全高1475mmのbZ3は、トヨタが昨年行った15台のEVコンセプトショーケースでは予告されていなかったビッグセラーの後継モデルとして、その役割を十分に果たすことができると思われます。

中国工業情報化部のウェブサイトに掲載された仕様によると、bZ3は178bhpまたは238bhpのいずれかが利用可能で、重量は1710~1840kg、最高速度は160km/hと、直接のライバルに対して相当程度のスペックであることが明らかになっています。

航続距離と効率の数値はまだ明らかにされていないが、BYDの新しいAtto 3クロスオーバー(同程度の重量)は、64.5kWhのブレードバッテリーを使用して420kmをカバーしているので、同じハードウェアを装着すれば、より空力上有利なセダンはこの数値を向上させることができると考えられます。

トヨタは、まだその将来のEVのための生産場所を明らかにしていません。bZ4Xは、日本の元町工場と、天津と広州にある第一汽車とGACという2つの中国のパートナーによって製造されています。他のグローバル拠点についても、EV時代に向けた投資が必要ですが、ダービーシャー州バーナストンにあるカローラ工場をE-TNGAベース車の生産に適応させるかどうかは不明となっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました