テスラがSteamとの連携をテスト中、ゲームでも大幅な進化か?

model-s-witcher-gaming TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

イーロン・マスク氏は非常に多忙なヒトですが、ゲームをする時間まで取っています。テスラのCEOは、ツイッターで1億560万人のフォロワーに、先日ゲームをしていることを伝えましたが、しかしマスク氏の場合、これも仕事の一つなのです。彼は、待望のSteamとテスラの統合をテストしていたということです。3万本あるSteamのゲームのどれを遊んでいたのか(テストしていたというべきか)は不明だですが、試していることを世界に発信しているということは、リリースが間近に迫っていることを意味するのではないかと考えられます。

SteamはPCゲーム界にとって、電気自動車市場におけるテスラのような存在です。20年近い歴史を持つSteamは、PCゲームの配信で世界市場の75%のシェアを占めていると言われています。1億人以上のユーザーがこのプラットフォームを利用しており、その勢いは衰えることを知りません。さらに、これらのゲームをすべて持ち運べるモバイルデバイス「Steam Decks」をリリースしています。

テスラのゲームはSteamには遠く及ばず、利用できるゲームは20本程度で、しかもそのほとんどが古典的なものです。しかし、この統合により、テスラのゲームプラットフォームは数年先を行くことになるかもしれません。実際、新しいモデルSとモデルXには、PlayStation 5やXBox Series Xと歩調を合わせたようなゲーム用コンピュータが搭載されています。

新システムは、10テラフロップスの処理能力を持ちます。テラフロップスとは、コンピュータの世界の馬力のようなものです。PS5は10.28、Playstation4は1.84mなので、この10という数字は非常に性能が高いことを意味します。この2つのゲーム機をプレイしたことがある人なら、この数字がもたらす違いにすぐに気がつくことでしょう。

マスク氏は、テスラをクルマの中で最も楽しい存在にしたいと考えています。モデルSとモデルXにこのようなコンピュータパワーを追加することで、システムがトップエンドのビデオゲームを処理できることを保証しているのです。彼は、最もグラフィック負荷が高いとされるゲーム「サイバーパンク2077」のデモを行いました。こうした複雑で美しいビジュアルのビデオゲームは、多くのスペースを占有するのも事実です。Steamの平均的なユーザーのアカウントには、55本のゲームが登録されているそうです。しかし、テスラはすでにこれらの問題の解決に着手しているようです。

テスラアップデート2022.24で、テスラはテスラアーケードからゲームをアンインストールできるようになりました。現在はストレージに余裕があるため、ゲームをアンインストールする必要はありませんが、常にそうであるとは限りません。

テスラはまた、追加のゲームをロードするために使用できる外部ストレージをサポートするコードの追加を開始しました。

ゲームに利用できるストレージの量は、車両に搭載されているMCUによって異なります。MCU2を搭載した車両には、車両全体(OS、ゲーム、データ)用に64GBのハードドライブしか搭載されていませんが、MCU3を搭載した最近の新しい車両には、最大256GBのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)が搭載されています。この256GBのうち、155GBはゲーム用に確保されているため、外付けハードディスクが必要になる前に、かなり多くのゲームを保存できるようになるそうです。

Steam統合の発売日はまだ決まっていませんが、テスラにとって大きな人工知能イベントである「AIデー2」が控えています。このイベントは当初8月19日に予定されていましたが、9月30日に延期されました。マスク氏はこのAIデーで「多くのクールなアップデート」を約束しており、おそらくSteam統合もそのひとつになってもおかしくはありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました