テスラ、ようやく日本でモデルYの納車を開始

tesla-model-y-in-japan TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、待望のモデルYを日本の顧客に納車し始めたと、テスラジャパンがツイッターで発表しました。

テスラは北米から2年遅れとなる今年の6月に、オーストラリアと日本向けにモデルYの注文を開始し、日本では、モデルY RWDが619万円から、モデルYデュアルモーターAWDパフォーマンスが809万で、納期を8月から9月としていました。

Redditでは、u/willmistrotが、顧客がモデルYを引き渡せるよう準備するテスラの従業員の写真をさらに公開しています。このRedditユーザーは、日本の豊中市にあるテスラサービスセンターで、合計13台のモデルYが納車準備中であることを付け加えました。

テスラノースは、テスラの日本初の納車センターが2021年11月に有明にオープンしたことに注目し、そこでは、全国でモデル3のみが販売されていた。今年初め、ジャパンタイムズは、日本における輸入EVの新規登録台数が2021年に2倍以上に増えたと報じ、日本市場はテスラにとって相当厳しいものだったと付け加えています。

日本市場がEVの採用に消極的な主な理由として、充電インフラ、駐車スペース、補助金の不足が強調されましたが、しかし、テスラが昨年行ったモデル3の値下げは、需要の増加に貢献しました。

グリーンピース・ジャパンの気候・エネルギーキャンペーン担当のダニエル・リード氏は、日本のEV普及が遅れているもう一つの理由として、自動車メーカーがEVを一般市民にとって有力な選択肢として普及させることに失敗していることを指摘しました。

「EU、中国、米国でのEVの宣伝とは対照的に、日本ではEVの宣伝がほとんど行われていません。」と、5月にエナジートラッカーアジアに語っています。

テスラの日本での存在感は、EVだけにとどまらず、エネルギーも含めて注目されており、先月、テスラジャパンは宮古島にある仮想発電所(VPP)に関するブログ記事を公開しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました