テスラ・モデル3の購入を後悔している熱狂的自動車愛好家

model-3-blue TESLA News
https://youtu.be/IwMg9sP2sHk
スポンサーリンク

エキゾチック・カー・プレイ・プレイス(ExoticCar PlayPlace)のマークは、彼のモデル3でいくつかのビルド品質の問題と欠陥を発見しました。

テスラ・モデル3は間違いなく素晴らしい車です。それは結局のところ、モデル3が長らくベストセラーEVである所以です。しかし、全く問題がないわけではありませんし、加えてかなり高価で、それも当初発売されたときよりも1万ドル以上も値上げされています。そのため、ポールスター2のように7,500ドルの税額控除が受けられる競合車が、ますます意味を持ち始めているのです。

「テスラカルト」YouTuberの多くは、モデル3を賞賛するばかりです。しかし、多くの場合、彼らは以前のクルマがはるかに劣る性能のクルマから来ていることと、一般的に車について多くを知らない人が多いのです。自動車業界についてよく知っている真の「ガソリンマニア」からモデル3のレビューを聞くことはめったにありません。だから、そんなときは、腰を据えて耳を傾けましょう。

エキゾチック・カー・プレイ・プレイスというYouTubeチャンネルを運営するマーク・ホルベッツ氏は、エンスージアストカー(熱狂的なファンを持つ車)との付き合いが長い人物です。例えば、最近ランボルギーニ・ガヤルドを売却し、現在はジャガー・FタイプRとBMW M5を所有しています。また、テスラモデル3も持っていますが、彼はこのクルマを買ったことを後悔しているようです。

マークはまず、2021年モデル3が現在抱えている11件のリコールについて話しました。このことには触れなかったが、それらのリコール問題の大半はOTAアップデートで解決できるものです。もうひとつ、彼が嫌っているのは、テスラが自動運転機能にカメラを使っていることです。彼は、テスラが他の多くの自動車メーカーのようにレーダーを使うことを拒否する理由がわからないといっています。

公平に見て、それは良い指摘です。テスラCEOのイーロン・マスクがレーダーに反対し、カメラのみの「テスラビジョン」を採用して以来、ファントムブレーキの発生が急増しているのですから。また、カナダとアメリカの間を走行する際、モデル3のカメラは速度標識のkm/h(時速○キロ)とmph(時速○マイル)の違いを認識できないことが多いとも指摘しています。

マークによれば、窓の霜取りがうまくいかない、少なくともモデル3の価格帯の他の車種と同じくらいうまくいかないそうです。これは既知の問題ですが、フロントサスペンションのラテラルリンクが緩んだことがあったり、塗装の質が悪く、ところどころが薄すぎることを指摘しています。加えて錆びも問題になることがあります。彼は自分のクルマのパネルの隙間が多いことも好きではありませんし、フロントヘッドライトとトランクに水が漏れ、カビが生えることがあることも指摘しました。

さらにマークは、ドアパネルのアライメントの問題にも言及し、加えて、「エマージェンシーシャットダウン」についても触れました。非常に稀な現象ではあるのですが、モデル3が高電圧コントローラーの問題でシャットダウンを決定することがある既知の問題のことです。

マークは、モデル3は書類上では良いクルマだが、品質管理を改善する必要がある、特に電気的・機械的な問題が発生しやすい寒冷地ではそうすべきだと結論づけました。

https://youtu.be/IwMg9sP2sHk

彼はモデル3に全面的に反対しているわけではありませんが、現在では従来のメーカーから同価格でより優れた構造の代替車がたくさん出てきていることを指摘しています(例:BMW i4)。

また、ビデオでは触れませんでしたが、自動運転の観点からもテスラを凌駕し始めているEVがいくつかあります。例えば、コンシューマーレポートのテストによると、GMのレーダーベースのスーパークルーズシステムは、テスラのオートパイロットに勝っていたり、フォードのCoPilotは、あらかじめ地図に登録された米国内のルートをハンズフリーで自動運転することができるようになっているのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました