韓国ヒョンデ、欧州で2つの新型電気自動車を発売

TESLA News
スポンサーリンク

「EVの減速」が話題になる中、韓国自動車大手メーカーであるヒョンデは前進を続けています。ヒョンデは欧州で2つの新型電気自動車を発売し、低価格EVと新型IONIQモデルで同地域の市場シェア拡大を目指します。

総販売台数の14%

ヒョンデは、今後数年間、欧州における電気自動車の成長が鈍化することはないと見ています。主要セグメントに2つの新型電気自動車を投入することで、ヒョンデ欧州CEOのマイケル・コール氏は、勢いを維持できると期待しています。コール氏はオートモーティブニュース・ヨーロッパ・コンファレンスで以下のように語りました。

「当社の目標は、今年欧州での電気自動車の販売台数が総販売台数の14%を占めることです。それ以上になる可能性もあります」

ドイツなど欧州の一部の国では、電気自動車への補助金が打ち切られました。その結果、先月の電気自動車の販売台数は、2023年5月に比べて31%も減少しました。競合他社がEV販売を抑制する中、ヒョンデは電気自動車時代の地位を固めるため、加速しています。

インスターEVと新型IONIQモデル

その自信の一部が表れているのが、今回の2つの新型EVの市場投入です。ヒョンデは、2万7000ドル以下の手頃な価格の電気自動車「インスターEV」と、新型IONIQモデルを発売します。

ヒョンデは、今月末に釜山国際モビリティで正式デビューするに先立ち、先週初めてインスターEVを予告しました。

この新しい低価格電気自動車「インスターEV」は、韓国でガソリン車の「カスパー」をベースにしたサブコンパクトカーです。 韓国での「カスパー」の販売価格は約1万5000ドルなので、電気自動車(インスターEV)の最低価格は2万7000ドルになる見込みです。

ヒョンデによると、インスターEVはWLTPモードで最大220マイル(255キロ)の航続距離でデビューする予定です。

コール氏は、ヒョンデのもう1つのEVである新型IONIQモデルが今年後半に発表されると語りました。ヒョンデの欧州担当者は、新型IONIQ EVがどのようなものになるかは明言しませんでした。しかし、以前からより大型のIONIQ 9が公道でテスト走行しているところを目撃されています。

新しいIONIQ EVは、IONIQ 5とIONIQ 6に加わる予定です。おそらく、300マイル以上の航続距離、20分未満の急速充電、手頃な価格を実現するE-GMPプラットフォームをベースとするでしょう。

2025年までに2つの新型EVがラインナップに加わることで、コール氏はヒョンデのEVシェアが来年には「20%を超える」と予想しています。ヒョンデの欧州最高責任者は、ドイツが電気自動車への優遇措置を打ち切ったことを批判し、その措置はテクノロジーへの支援について誤ったメッセージを発していると指摘しました。

コール氏は、ヒョンデもテスラのような競争から免れることはできないが、「反射的な反応」は起こさない、と語りました。同社は、市場の状況に応じて、必要に応じて調整を行う予定です。一方、米国では、ヒョンデが今年後半にジョージア州で初のEVおよびバッテリー工場の生産開始の準備を進めています。

同工場で生産される最初の EV は、改良型の 2025 IONIQ 5 となります。同工場が稼働すれば、同工場で生産される EV は 7,500 ドルの EV 税額控除の対象となる見込みです。ヒョンデ・モーター・グループのチャン・ジェフンCEOは、76億ドルのメタプラントが生産台数を押し上げる見込みであることから、米国ではEVが「最優先事項」であると認めました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました