世界で一番売れてるクルマ、テスラモデルYがなんと「逆走」でドラッグレースをスタート、にもかかわらずメルセデスAMGのSUVに勝利

model-y-drag-race-02 TESLA News
https://youtu.be/sqpy0OXpvbA
スポンサーリンク

ドラッグレースのコンセプトは、相当シンプルです。2台の車両を横に並べて、同時にアクセルを踏んで発進させ、ゴールラインをを早く通過した方が勝ちというシンプルなものです。しかし、シンプルだからこそ、0.1秒を争うドラッグレースは非常にエキサイティングなのです。

発進直前にスタートラインをオーバー

特に、今回のような重大なミスを犯してしまったドライバーが、それでもレースに勝利してしまうというのは、本当にすごいことです。ラスベガスで開催されたドラッグレースで、テスラモデルYとAMDメルセデス GLE SUVが対決したときに事件は起こりました。

テスラモデルYがスタートラインをオーバーしている様子
https://youtu.be/sqpy0OXpvbA

YouTubeのウィールス・プラス・チャンネルに投稿された、2台の車の1/4マイル(約400m)での勝負の動画に見られるように、モデルYのドライバーは、AMG SUVとのレースの直前にスタートラインをオーバーしてしまったようでした。

問題は、モデルYのドライバーがこの電動クロスオーバーのシフトをリバースに入れたままだったことです。信号が青に変わると、AMG SUVは前進し、モデルYはいきなり後退しました。その立て直しに数秒かかりましたが、モデルYのドライバーは最終的にドライブにシフトし、正しい方向でドラッグレースを始めることができました。

驚異の加速力

そして、スタートでかなりもたついたにもかかわらずレース後半にはモデルYがAMG SUVに追いついたのです。さらに、レースの結果がコース上に表示されると、観客は電気自動車のクロスオーバーが勝利したことを確認することができました。モデルYのドライバーは最悪の形でレースをスタートしましたが、テスラの驚異的な加速パワーによって勝利を手にすることができたのです。

もちろん、時速112.36マイル(約181km/h)で13.65秒というクォーターマイル(400m)のタイムは、テスラモデルYとしては素晴らしいものではありません。しかし、この動画のモデルYは、実際にバックするところからレースを始めたことを考えると、このモデルYの偉業は、非常に印象的です。

今回の驚異的なモデルYとAMG SUVのドラッグレースは、以下のビデオでご覧ください。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました