テスラ株は、直近で売られ過ぎから「買い」に?

stock-market TESLA News
スポンサーリンク

テスラ株(NASDAQ: TSLA)は、エドワード・ジョーンズ証券のジェフ・ウィンダウ氏によって「ホールド」から「バイ」に格上げされ、EVのリーダーとしての地位が競合他社に対する明確な優位性をもたらすと考えられているようです。

テスラが2022年に株価を70%近く下落させる悲惨な出来事を起こした後、多くのアナリストが世界経済の落ち込みやテスラCEOイーロン・マスク氏のツイッター買収に関する疑問に合わせて格付けや目標株価を改めて調整しました。

エドワード・ジョーンズ証券のアナリストであるウィンダウ氏は、投資家向けのレポートで、テスラの株価は昨年、「経済成長の鈍化懸念とイーロン・マスク氏がツイッターの管理に費やす時間」によって低下したと述べています。しかし、2023年はテスラにとって良い経済環境が提供されることにより、ウィンダウ氏が株価の格付けを「ホールド」から「バイ」に変更するのに十分なものだったようです。

TSLA TSLA

「テスラの新製品投入により、この拡大する市場で優位に立つことができると考えています。我々の意見では、テスラの株価は現在、その長期的な成長機会を反映していません。」とウィンダウ氏は投資家向けのレポートに書いています。

ウィンダウ氏は、テスラがテキサス州の新工場ギガ・テキサスで間もなく製造開始するサイバートラックと、今年後半のモデル3のデザイン更新の展開の可能性に言及しています。

サイバートラックは数年遅れており、モデル3プロジェクトはコードネーム「プロジェクト・ハイランド」と呼ばれていますが、いずれもEV分野への競合参入が増える中、今年テスラの市場ポジションが向上する可能性に寄与するものです。テスラが電動ピックアップを発売する最初の企業にはなっていませんが、テスラのサイバートラックは既に150万台以上の予約登録があり、史上最も期待されている車の一つといえます。

tesla-cybertruck-front
Credit:Tesla

今年の株価の動きは目を見張るものがあったとウィンダウ氏も認めています。しかし、テスラが「EVで大きなシェアを維持し、新規事業を成功させるかどうか」は、結局のところ投資家のセンチメントに左右されるのです。テスラは「市場に対して上にも下にも平均以上の値動き」をしており、これは投資家の見方が大きく変化したことが原因となっていると考えられます。

1月6日テスラの終値は2.72%高の113.06ドルでした。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました