テスラが小型2ドアのサイバートラックを公開?

TESLA News
スポンサーリンク

テスラ関連のニュース記事は今日、テスラが以前から予定しているより小さな2ドアのサイバートラックのデザインを明らかにしたということで話題になっています。

2019年にサイバートラックのプロトタイプを発表して間もなく、イーロン・マスク氏はこの電動ピックアップを普通のガレージに収まるように小さくすることに関して話し始めました。2020年、マスクCEOはサイバートラックのプロトタイプからの最大の変更点を聞かれ、テスラは「サイズを3%程度小さくし、センターラインをより水平にし、窓枠の高さを低くしました」と答えています。

しかし、テスラがデザインを確定させたため、これらの計画はすぐに破棄されたと伝えられています。代わりにマスク氏は、より小さくなる可能性のあるサイバートラックの将来のバージョンに関する情報をほのめかしました。

テスラ関連のブログやニュース記事は、テスラがピーターセン博物館での展示を通じて、その将来バージョンのトラックのデザインを平然と公開したと考えています。

2ドアのサイバートラックが展示された美しいアートワークについては、話題にしないのでしょうか?
ピーターセン博物館の展示です。

このツイートをもとに、テスラが2ドアのサイバートラックに関するデザインを明らかにしたのではないかと、複数の関係者が指摘している状況です。この図面に示されたデザインは、オリジナルのサイバートラックのプロトタイプとほぼ同じものです。

恐らくですが、あのデザイン画はサイバートラックの将来バージョンを示すものではないと考えられます。テスラがいずれ、より小型の、あるいは2ドアのサイバートラックを発表しないとは言いませんが、今回のこれではないと思うのです。デザイナーが、ドアを正確に表現せずにデザイン画を作ることはよくあることですし、そういうスケッチは、一般にクルマのラインを重視しているものです。

テスラのチーフデザイナーであるフランツ・ホルツハウゼン氏も、そのようなことをすることで知られています。テスラ モデル3のデザインスケッチの原画を以下に紹介します。

このモデル3と同じように、テスラのサイバートラックのスケッチは、テスラが電気ピックアップトラックを設計していたときのオリジナルのスケッチのひとつに過ぎず、来るべき新バージョンのヒントではないでしょう。

とはいえ、私はサイバートラックの小型バージョンには大賛成です。それは2ドアではないかもしれませんが。フォード・マーベリックくらいの大きさなら、まだ4ドアだし、ニーズはあると思います。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました