テスラ、自動運転FSDベータ版の一般公開に伴いオートパイロットの不正装置を取り締まりへ

autopilot-cheat-678x381 TESLA News
Credit: NoClueHowTo | YouTube
スポンサーリンク

テスラはこれまでの再三の警告や免責事項を無視して、オートパイロットの不正装置を使用することによって、ハンドルに手が触れているとクルマを騙すオーナーに対して、ついに反撃の手を打ち出しましたようです。最新の完全自動運転(FSD)ベータ版のリリースにより、オートパイロットの不正装置を使用しているかどうかをソフトウェアで検出し、強制的にオートパイロットの解除を開始できるようになり、FSDベータ版の作動中に起こった場合は緊急停止が発生するようになりました。

オートパイロットが導入されて以来、ハンドルから手を離すと、クルマはあなたがまだそこにいて注意を払っていることを知るために、ハンドルに力を加えるように(あるいは口うるさく)注意を促すようになりました。そこでサードパーティー企業は、ハンドルに取り付けることのできる小さな重りのようなものを作り、コンピューターがハンドルに手を置いていると認識するのに十分な力を与えるようにしました。そうなれば、口うるさく言われることもなく、オートパイロットやFSDベータ版で何百マイルを運転しても、ハンドルに手を触れておく必要がなくなります。

Image: Carl Reese/YouTube

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は今週、FSDベータ版が、北米でFSD機能を購入したすべてのオーナーに提供されるようになったと発表しました。自動運転ソフトウェアを広くリリースするための大きな障害となっていたのは、当然のことながら、オーナーが責任を持って、インターネット上で購入できる数多くの不正装置を使用していないことを確認する方法を持つことだった、と言われています。

テスラはこの問題を解決し、少なくともいくつかのデバイスが使用されていることを検出できるようになりました。テスラ関連のソフトウェアトラッカーであるTeslascopeによると、この新しいコードは、最新のFSDベータ版10.69.3.1で追加されたとのことです。そしてこの情報は、テスラ・サービスの従業員によって裏付けされています。テスラは明らかに、この新しい機能をリリースノートに含めておらず、公式に発表もしていないので、これらのデバイスをどのように検出しているのか、確かなことはわかりません。

1つの可能性として、テスラは、あなたの手がハンドルから離れた状態(力がかかっていない状態)も、あなたの手がハンドルに触れている状態(力が変化している状態)も高い信頼度で知っているのだと思います。重量のある不正装置は、コンピュータを騙すのに必要なフィードバックを提供することができますが、全く同じ量の圧力をかけ続けることができない人間とは全く異なる振る舞いをします。テスラはデータと力の有無の違いを分析し、不正装置が使われているとコンピューターが確信した時点で、オートパイロットから締め出すと推測しています。

Teslascopeがレポートしたように、今のところ、オートパイロットの不正装置のすべてがこの新しいコードで検出できるわけではありません。テスラは今後もデータ分析を続け、すべての不正装置を検出できないまでも、ほとんどの不正装置を検出できるようにコードを成熟させていくものと思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました