テスラ、日本国内でようやく50ヶ所目のスーパーチャージャー・ステーションを開設

supercharger-in-japan-00 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、日本でようやく50ヶ所目となる急速充電設備スーパーチャージャー・ステーションの設置をツイートしました。これまでに設置されたうちの16%は今年2022年のわずか9ヶ月間で開設され、日本国内での販売拡大への取り組みが強化されていることを示しています。

テスラのスーパーチャージャーネットワークは、電気自動車用充電ステーションの世界最大のネットワークです。その目的は、テスラのオーナーに、環境を汚染することなく、大幅に低いコストで運転する機会を提供することです。このメーカーは、最大の市場である国々に特に注意を払いながら、スーパーチャージャーを世界中に積極的に拡大しています。

最近、テスラは、コンパクトSUVの需要が増え続ける中、全世界の工場でモデルYの生産を大幅に増やしました。同車は、世界中の市場で納車期間が短縮し顧客の手に届くようになっているため、充電ネットワークの拡充を急いでいるのです。9月上旬には日本国内でもモデルYの納車が始まりましたが、テスラはそのための準備を事前に行っていました。そして今回、テスラは日本国内で50ヶ所目となるスーパーチャージャーを開設したことをツイートしました。

この50ヶ所目のスーパーチャージャー開設に伴い、9月23日〜10月31日の間で「3日間 Model 3 無料貸出、および期間中のスーパーチャージャー無料利用」というキャンペーンを展開しています。ただし、このキャンペーンに当選するのはわずか「10名様」とのことです。

2014年から2020年末までの間に、日本では26基のスーパーチャージャーが設置されました。しかし、2021年になるとモデル3の国内価格が値下げされたこともあって、スーパーチャージャーステーションの設置が増加し、加えてテスラはスーパーチャージャー設置場所候補を探し始めました。そして2021年には新たに16基のスーパーチャージャーステーションが設置され、そのうち15基がV3スーパーチャージャーでした。

2022年もテスラはこの新設ペースを落とすことなく、積極的に新しいスーパーチャージャーステーションを設置し続けているようです。今年は今のところ、日本ではすでに8基のV3スーパーチャージャーが設置されており、年内にはさらに7基の開設が予定されています。さらに、2023年初頭には、すでに2基の充電ステーションが計画されています。

supercharger-list
テスラのサイトに掲載の直近で開設が予定されているスーパーチャージャー
この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました