テスラオーナーによる最新版完全自動運転FSDのファーストインプレッション

dirty-tesla TESLA News
https://twitter.com/DirtyTesLa/
スポンサーリンク

テスラが「完全自動運転」FSDベータ版の安定版サブバージョン10.69.2(2022.20.15)のデプロイを開始してから、24時間以上が経過しました。「バージョン10.12.2(まず10万台まで)を持つすべてのテスラオーナーにロールアウトするのが良さそうだ」と、テスラのCEOイーロン・マスク氏は日曜日の夜遅くロールアウトが始まる直前にツイートしています。

「最優先事項は安全性なので、特に歩行者の周りでは過剰に慎重になることを期待してください」と、マスク氏は上記の事前ツイートで述べています。歩行者、自転車、オートバイなどは、運転支援/自動運転システムにおいてVRU(Vulnerable Road Users:交通弱者)と呼ばれています。

バージョン10.69.2のリリースノートは、FSDベータ版メインブランチの10.69と同じものです。以前のバージョン(10.69 & 10.69.1)はどちらも限られたベータテスターにリリースされましたが、10.69.2はこの早期アクセスプログラムの参加ユーザー全てにデプロイされる予定です。

興味深いことに、ベータテスターでYouTuberのテスラ・ジョイ氏は、まだFSDベータ版10.12.2を使っていて、最新版がダウンロードできる旨の通知を受けたのですが、インストールされる前に引き戻され、アップデートを受けられなかったという状況に遭遇しましたが、これはバグフィックスが進んでいるということでもあります。

FSD ベータ版のテスターのほとんどは、10.12.2 からバージョン 10.69.2 に直接アップデートされることになり、その間の 2 つのバージョン (10.69 と 10.69.1) は完全にスキップされます。

ベータ版テスターはFSDベータ版10.69.2を入手し、最新版の体験とファーストインプレッションを分かち合っています。米国テキサス州オースティンに住む友人であり、我々のウェブサイトのフォロワーでもあるゲイル・アルファー氏は、彼女が絶対に気に入ったFSDベータ版10.69.2ドライブのタイムラプスビデオをシェアしてくれました。

テスラ FSD ベータ版 10.69.2 は、リンドン・ベインズ・ジョンソン図書館の駐車場からオースティン北西部、ポンド・スプリングス・ロードのテスラサービスセンター付近まで(約21km)、人手を介さずに車を走らせました。

テスラコミュニティの有名メンバーでFSDベータ版のテスターでもあるDirty Teslaも10.69.2のアップデートを受け、全体的に走行が改善された感触を得ているようです。

「10.69.2 は見事、スムーズに左折、赤信号で計算して右折、左折、そして停止。私は完全に心を揺さぶられました。イーロン・マスク氏&エルスワミ氏、すごい仕事。」

FSDベータ版を使用して、良い経験も悪い経験も聞いています。皆さんの体験はいかがでしたか?私にとっては、ターンもナビも素晴らしいものです。特定の状況下では少し迷いが生じますが、それほど劇的なことではありません。

テスラが言っている「ためらい」とは、オートパイロットが第一優先に考えている安全対策のことです。

別のベータテスターのキム・パケット氏も何度か運転していますが、歩行者に対して非常に慎重な対処を示すとのことです。

FSDベータ10.69.2 は歩行者に関して本当に苦労しています。歩道を歩いていて横断歩道を渡らない人に対しては過剰なほど慎重です。介入も多く、ただ立っているだけなのか、それとも渡るつもりなのか、AIは人間の意図をどう判断するのだろうとよく考えているようです。」

10.69.2の新しいアルゴリズムの変更は、FSDが歩行者やVRUにとって安全であることを世界に示すために必死になっているようです。テスラのオートパイロットソフトウェアチームは、次のバージョンアップでバランスを取る必要があるかもしれません。

キムさんは同じテストループを何度も試しましたが、2回目でも手動で介入する必要がありました。歩行者のシナリオでは、何度も離脱が発生したようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました