テスラ自動運転次期バージョン、FSDベータV11は8月末までにリリース予定

tesla-fsd-youtube TESLA News
スポンサーリンク

テスラの完全自動運転ソフトウェアFSDベータV11は8月末までにリリースされる、とイーロン・マスク氏は期待しているようです。現時点では、現行バージョンで生じている特定の問題の解決に注力している状況です。

イーロン・マスク氏の以前の発言によりますと、FSDベータ版は、市街地と高速道路にまだ別のスタックを使用しているため、あまり性能が良くないとされています。FSDの単一スタックに移行するには、膨大な量のニューラルネットワークのトレーニングが必要で、現在テスラチームとベータテスターが行っているのは、このトレーニングのことです。同社の責任者によると、V11は市街地と高速道路を統合した単一のソフトウェアスタックとなり、その他多くのアーキテクチャのアップグレードが行われる予定です。この目標を達成するために、FSDベータはさらにいくつかの重要な変更を加える必要があります。

tesla-fsd-beta
https://youtu.be/fKXztwtXaGo

FSDベータ版V11に至る過程で、同社は多くのアーキテクチャの改良を行い、特に困難で無防備な左折や追い越し操作を行う際に、車がよりスムーズに動くようにしました。現在、テスラは、FSDが苦手としていた特定の複雑な左折に特に力を入れています。今日、マスク氏は、来週、この問題を解決するはずのV10.13のリリースがあることを発表しました。

さらに、彼の希望通りFSDベータ版V11が8月末にリリースされることも明らかにし、「高速道路を取り入れるだけ」というのが彼の言い分です。10.xのリリースが多いため、V11での重要性が低下し、ソフトウェアは既にほとんどV11の状態であると説明しました。

「FSDベータ版V10.13は明日から内部ベータ、来週から外部ベータに移行する予定です。このバージョンで複雑な左折に対応するはずです。続けてFSDベータ版V11のリリースは8月末を予定していますが、これは高速道路を組み込むだけです。FSDベータ版V11の重要性は、10.xの全リリースによって低下し、私たちは既にほとんどV11の状態にあります。」

完全自動運転の実現は、非常に困難な課題であることを肝に銘じておく必要があります。テスラだけでなく、私たち一人ひとりが一日も早く実現したいと願っていますが、そのために解決しなければならない問題はまだかなり多く残っています。完全自動運転への道のりでは、安全が最優先されるため、遅延はつきものであることを忘れてはいけません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました