テスラ・モデルS Plaidが時速348kmの記録を達成!

tesla-model-s-216-mph-02 TESLA News
https://youtu.be/T7mQW0OeUJ8
スポンサーリンク

カナダ人チューナーのインジェネクストによって改造されたモデルS Plaidで。

今週初め、カナダの飛行場でテスラ・モデルS Plaidが時速216マイルに到達しました。Plaidを改造したのは、カナダのトロワ・リヴィエールに拠点を置くEVチューニング会社、インジェネクスト(Ingenext)です。インジェネクスト社は、Plaidのソフトウェアリミッターを解除し、その真の最高速度のポテンシャルを確認しましたが、この驚異の電気自動車は期待を裏切ることはありませんでした。

テスラのウェブサイトでは、モデルS Plaidの最高速度は200mph(約322km/h)とされていますが、現在のソフトウェアの制限では実現不可能です。今のところ、モデルS Plaidの純正最高速度は175マイル(約282km/h)です。昨年発売された当初、Plaidの最高速度は時速163マイルに制限されていました。しかし、1月のソフトウェアアップデートで最高速度が12mph引き上げられ、トラックモードも追加されました。

しかし、インジェネクストのPlaidは、時速200マイルに余裕で到達し、最終的には時速216マイルで最高速度記録を達成しました。このような速度は、2トンセダンではなく、スーパーカーが通常達成するものです。例えば、ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」も最高時速216マイルを記録しています。一方、マクラーレンP1(2010年代を代表するハイパーカーのひとつ)の最高速度は217mphです。

インジェネクスト社は、トロワ・リヴィエール空港の1.8マイルの滑走路を使用して、この偉業を達成しました。リミッターを解除するだけでなく、マウンテンパス・パフォーマンス・ブレーキとミシュラン・パイロット・スーパースポーツ・タイヤをPlaidに装備しました。それ以外はすべてノーマル。ハンドルを握ったのは、インジェネクスト社のCEO、ギヨーム・アンドレ氏だ。

電動セダンが時速200マイルを大きく超えたのは、今回が初めてではありません。遡ること2017年、ルシッド・エアのプロトタイプが時速235マイルに到達しています。市販のエア・グランドツーリングの最高速度は168mphだが、インジェネスト社がリミッターを解除して同様のテストを行い、Plaidを上回ることができるかどうか、興味深いところです。

映像は以下からご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

どこかに同じような主張をしている社長がいましたね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました