スペインにおけるテスラの出荷台数は増加の一途

tesla-spain-import TESLA News
https://twitter.com/Alandbru
スポンサーリンク

スペインでのテスラ納車が引き続き活発化し、この6月にも活況を呈しています。数百台のテスラ車がバルセロナ港に到着し、その一部は早ければ今月にも納車され、テスラの第2四半期の納車台数を押し上げる可能性があります。

2022年第2四半期は、テスラにとっても、他の自動車メーカーにとっても非常に困難な時期でした。ロシアによるウクライナ侵攻と新型コロナの深刻な拡大により、世界は再びサプライチェーンの混乱に直面し、その後、中国では長期間のロックダウンが発生しました。テスラの主要輸出拠点であるギガ上海工場は、この第2四半期中22日間閉鎖され、生産再開も上海政府の厳しい規制が重荷となり、遅々として進みませんでした。しかし、すでに5月中旬には状況が好転し始め、6月からは生産が100%回復したようです。

中国のテスラチームの素晴らしい働きにより、海外市場への輸出は増え続け、6月にはヨーロッパ諸国に数千台のテスラ車が納車されることになりました。現在、大量の車両がスペインのバルセロナ港に到着しており、間もなくユーザーに引き渡される予定です。

Alandbru/Twitterは、バルセロナの港で撮影された400台近いテスラ車を写した写真を共有しましたが、これは明らかに全体のロットの一部に過ぎません。写真では、カメラが駐車場に配置された車を部分的にしか捉えていないことがわかります。

第2四半期終了までまだ4日あるため、少なくともこれらの車両の一部が顧客に引き渡される可能性が高いです。これは、6月にスペインですでに非常にたくさん売れているテスラの強化につながります。

EU-EVsのデータによると、6月27日現在、358台のモデル3と220台のモデルYが登録されており、これはすでに同月のEV市場シェアの27.5%を占めている状況です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました