テスラCFOザッカリー・カークホーン氏がストックオプション行使し13.5千株のテスラ株購入

stock-market TESLA News
スポンサーリンク

テスラの最高財務責任者ザッカリー・カークホーン氏はストックオプションを行使して1万3500株を購入し、これは今後のテスラ株に対して強いシグナルとなりました。彼は現在、先週金曜日(2022年12月30日)の終了時点で20万4000株以上を保有しています。

2022年、テスラは多くの逆風に直面し、テスラがこれまで以上に成功し、強くなっているにもかかわらず、同社に対する一部の投資家の信頼は揺らいでいる状況です。

このため、同社の株価は2022年第3四半期以降に著しく低下し、12月の最終週にはその傾向が強まりました。テスラの売り方は同社を取り巻くネガティブなニュースを膨らませ続け、長年テスラを支持してきた人々にさえも恐怖と不安を植え付けました。その結果、株価はその年の最終取引日に1株123.18ドルまで下落し、2022年の1年間でなんと65%もの値下がりを記録するという惨状を生み出したのです。

TSLA TSLA

怯えた投資家がテスラ株を安値で売り続ける一方で、経験豊富な人やFUD(恐怖、不安、疑念)の流れを濾過できた人が、「特別の割引価格」でテスラ株を購入することができたのです。例えば、キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストは10月以降、約60万株のテスラ株をポートフォリオに組み込みました。また、多くの個人投資家が数千株を買い続けたのは、一時的な困難はあっても、同社の長期的な成功は明らかであるという確信があるからでしょう。

さらに、米国証券取引委員会(SEC)に最近提出されたForm 4申請書によると、テスラのザカリー・カークホーン最高財務責任者は、2028年10月16日に期限が切れるオプションを行使し、1株当たり18.44ドルでTSLAを1万3500株購入しました。これは、同社のCFOが他の誰よりも同社の財務状況を理解していることを示す強いシグナルです。今回の購入により、カークホーンは現在、金曜日の終値で合計20万4313.5株、2500万ドル以上の価値のあるテスラ株を所有していることになります。

tesla-logo-gray

マクロ経済環境は2023年のテスラに影響を与える可能性が高いのですが、このメーカーはこの嵐を他社よりもうまく切り抜けることができる非常に強い立場にあります。

テスラは車両生産のための稼働中の工場を世界中に4つ持っており、少なくとももう1つの工場の所在地を近日中に発表する予定です。また、待望のサイバートラックの最初の納車は2023年後半と予想されています。さらに、テスラの次期モデルのための新しいプラットフォームが近々導入され、より安価モデルという選択肢がもたらされるようです。完全自動運転(FSD)の開発は順調に進んでおり、拡大し続けるFSDベータ版のテスターは、レベル5の自動運転を達成するためのデータ収集とニューラルネットワークのトレーニングを加速させるでしょう。さらに、自社製4680バッテリーの生産拡大にも勢いがあり、カリフォルニア州ラスロップのメガファクトリーをフル稼働させ、エネルギー事業の拡大が新たな段階に達しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました