テスラの株価は、年初来60%下落したが、買い?

stock-fall-down TESLA News
スポンサーリンク

株式市場の他の多くの銘柄と同様に、テスラの株価も今年は少々荒れ模様で、多くの人がテスラの株価が過剰に上昇した反動であると指摘しています。この記事を書いている時点で、テスラの株価は今年に入ってから約60%以上下落しています。しかし、一部の強気なアナリストは、これを後退ではなく、むしろチャンスと見ているようです。

TSLA TSLA

多くの成長株は金利上昇と高インフレに見舞われており、テスラはこれに加えて更にいくつかの障壁に直面しているため、株価は年初来で約60%以上も下落しているのです。しかし、最近の記事で、対話型金融コミュニティ「トレフィス」のフォーブス寄稿者は、特に2023年に予想される重要な開発を前に、テスラの株価が買いかどうかについて疑問を呈しています。

トレフィスのチームは、MITのエンジニアと他のウォール街のアナリストで構成されていると言われており、株価を見るのに便利な価格分析プロダクトを提供しています。

全体として、トレフィスはテスラの株価予想を272ドルに約10%引き下げました。この事実にもかかわらず、同社の目標株価は、執筆時点のテスラ株の市場価格に対しておよそ50%上値となっています。また、同グループは、テスラがこれまで財務面で「堅実な」実行力を発揮してきたとし、毎年50%ずつ販売納入台数を増やし、複数年続けていく目標を掲げていると付け加えています。

現在の景気後退は、自動車産業の大部分にとって依然として大きな障壁であり、テスラにとっては中国での需要破壊の懸念が依然として前面に出ている状況です。テスラは10月にモデル3およびモデルYの価格を9%引き下げ、最近の報告ではテスラのギガ上海がシフトを短縮し、生産を縮小し、採用社員の入社を遅らせていることが示されています。

テスラはどのような指標でも成功が保証されているわけではありませんが、トレフィスは、長期的に業界全体で電気自動車へのシフトに対応できる態勢が整っていると指摘しています。また、テスラの過去の利益率は自動車業界の中でも最高レベルであることもレポートされています。

現在および今後の展開については、テスラが最近「セミ」を納車したことが重要であり、また来年には待望のサイバートラックの生産を開始するためにギガファクトリーテキサスで設備投資を行うことも重要であるとこのチームは示唆しています。テスラは昨年、ギガ・ベルリン=ブランデンブルクとギガ・テキサスの両拠点を開設し、生産を拡大し始めており、これらの拠点はテスラの世界的な生産能力の拡大に貢献することになります。

cyber-rodeo-elon-musk
Credit:Tesla

テスラの業績や株価が今買うに値するかどうかを正確に予測する方法はありません。しかし、トレフィスはテスラが販売台数を伸ばし続けることで「堅実な収益性」を維持すると予測しており、これは株主にとって良い兆候と読めるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました