テスラ韓国、次期ソフトウェア2022.44.25ホリデーアップデートの詳細を公開

tesla-rainbow-road TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラがオーナー向けに新機能を満載したホリデー・ソフトウェア・アップデートをリリースする季節が近づいてきました。これまでにもいくつかのリーク情報はありましたが、テスラ韓国はこの度、アップデート内容の少なくとも一部を公式に公開しました。

テスラ韓国公式ブログの投稿で、テスラはホリデーアップデートがソフトウエアバージョン2022.44.25になることを認めていますが、リリースされる時期については具体的な日付は明かしていません。

テスラ韓国が今年のホリデーアップデートのリリースノートに記載されると言う機能の一部を紹介します。いくつかというのは、Appleミュージック、Zoom、Steamの統合、MyQ WiFiガレージドア開閉機能のサポートなど、私たちが知っている、あるいはその可能性が示唆されているいくつかの機能については触れていないためです。

自動方向指示器

テスラ韓国によると、「車線変更、分岐、合流が完了」すると、自動的にターンシグナル(方向指示器)をオフにするようになったとのことです。

これは、ドライバーがターンシグナルを完全に作動させた場合であり、半押しではターンシグナルは3回点滅するだけです。

この機能は、車線変更後にターンシグナルをオフにすることができる新型モデルSとモデルXから引き継がれたものです。

テスラは、テスラビジョンを使って、車線変更や合流を完了したことを検知し、自動的に方向指示器を解除してくれます。

車内カメラ

テスラでは、オーナーからの数多くの要望を受け、ドッグモードやセントリーモードで使用できる車内カメラを有効化し、遠くからでもテスラアプリでペットの様子や車内を確認できるようにします。

この機能はライブセントリー(遠隔でテスラアプリからクルマのカメラ映像を見る機能)と同様、プレミアムコネクティビティ契約とモバイルアプリのバージョン4.15.0以降が必要です。

メディアコントロール

テスラがメディアコントロールのカスタマイズを可能にするという噂を聞いていましたが、テスラ韓国がそれを認めました。メディアコントロールの位置が運転席の近くに移動し、ドライバーの操作がしやすくなりました。新しい位置とともに、コントロールを上にスワイプして、お気に入り、レコメンド、ソースにアクセスすることもできるようになりました。

また、長年愛用している方には嬉しい追加機能として、カードが復活しました。また、操作部を左右にスワイプすると、オドメーターやタイヤの空気圧を確認することができます。

ナビゲーションの改善

テスラ韓国によると、ナビゲーションを変更し、見やすさを向上させるとのことです。これには、次の動きを強調し、一目でわかるようにすることが含まれます。

それに伴い、次の曲がり角と車線の案内プロンプトは画面上部の現在の位置にとどまり、移動時間や推定充電量などのトリップ情報はディスプレイの下部に移動される予定です。

リモート排気ガス(おなら)モード

こちらは既報の通りですが、テスラ韓国は、モバイルアプリを使って排気ガス(おなら)モードを起動し、自分の車の前を通る人におならをすることができるようになります。

レインボーロード

2022.44.25では、昔から人気のある「レインボーロード」がアップデートされました。このイースターエッグが大好きな方(またはお子様)は、オートパイロットを起動したときに常にオンにするよう設定できるようになりました。

空調ファン・スピードコントロール

ホリデーアップデートにより、空調を「自動」に設定した状態で、ファンの回転数を「低」「中」「高」のいずれかに設定できるようになりました。

電話の改善

テスラ韓国によると、同乗者に会話を聞かれたくない場合に備えて、車内への通話転送の確認を求めるようになったそうです。

その他の細かいアップデートとしては、現在の操作方法とどう違うのか不明ですが、接続されたBluetoothデバイスから直接連絡先を検索できるようになったそうです。

ライトショー予約

ライトショー(音楽に合わせてテスラのライトをコントロールする機能)を最大10分後にあらかじめ予約する機能がアップデートされました。複数のテスラ車でライトショーを同時に行い、より豪華な年末の雰囲気をお楽しみください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました