「より軽く、よりコスト効率が高い」テスラの充電コネクタ:サンディ・ムンロが分析

tesla-charging-connector TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラ車を始めとした分解調査専門会社として名高いムンロ&アソシエイツは、テスラの充電コネクタと充電ポートを分析し、CCSよりもコンパクトで軽く、コスト効率に優れていると評価しました。

ムンロ&アソシエイツは、自動車部品や自動車全体を分析し、自動車エンジニアが使用する設計の欠点や長所を見つけることで、YouTubeで徐々にその名を知られるようになりました。同社は、最新のエピソードでテスラの充電コネクタとそれに対応する充電ポートを分析しました。彼らは、テスラの設計がCCS充電器よりも「スペース効率が高く、軽量で、コストが低い」ことを発見しました。

ムンロ&アソシエイツが、北米充電規格(まだ正式に北米の規格として認められていない)としても知られているテスラのコネクタが、優れたデザインであると判断したのは当然のことです。他のメーカーの車のほとんどに見られるCCS1のデザインは、大きく、不格好で、テスラのデザインに比べると、はるかに合理的な体験ではありません。しかし、他社は最近までテスラ独自の設計を使用することができませんでした。

テスラは今後、他のメーカーが自社の車両や充電設備にテスラの充電規格を使用することを認める予定です。ムンロ&アソシエイツによると、テスラは今後、他の充電ネットワークとも連携し、自社の充電規格の普及を図る可能性があるということです。しかし、テスラの設計を自社車に採用することを受け入れた自動車メーカーは、現時点ではアプテラ以外にはまだありません。

今日はユニバーサルEV採用の日です。私たちは採用を楽しみにしています。
テスラ の優れたコネクターを当社のソーラーEVに採用することを楽しみにしています。

ムンロ&アソシエイツは、米国における充電規格の複雑さを正しく指摘しています。多数のメーカーがすでに生産中の複数の車両でCCSを使用しているため、テスラの充電ポートに劇的に移行すると、CCSコネクタを持つドライバーが非常に困ってしまう可能性があるのです。一方、他の自動車メーカーがテスラ規格への移行を決定した場合、現在生産中の各車両に搭載されている充電器を再設計することを余儀なくされ、さらにコストがかかることになるからです。

厳しい選択を迫られるのは、自動車メーカーだけではありません。充電ポートや充電プラグの自動車部品メーカーは、新しい規格を製造するために完全に再設計する必要があります。一方、充電スタンドの運営会社は、多くの場合、全国規模の充電ネットワークでテスラのコネクタを利用できるようにする必要がすぐに生じると考えられます。

言うまでもなく、充電ポートやコネクタの問題は、すぐには解決しないでしょう。そして悲しいことに、テスラコネクタの利点にもかかわらず、関連するコスト(とテスラのエンジニアリングを認めること)は、この規格を普遍化するには負担が大きすぎるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました