テスラ、米国の高級車販売市場を席巻中

tesla-all TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、米国自動車市場の高級車部門において、これまで典型的なリーダーであるBMWとメルセデス・ベンツを大きく引き離して首位を維持しています。テスラはそれぞれの車種について具体的な販売台数を明らかにしていませんが、現在の推定では、テスラは競合する高級車を10万台以上上回っており、これは米国自動車市場にとっても大きな勝利と言えます。

オートモーティブニュース・リサーチ&データセンターは、テスラが2022年第3四半期に販売した車両は11万4000台で、前年同期比47%増となると推定しています。テスラは、プレミアム高級車の販売台数が年間を通じて増加している中、2番目に売れているドイツの自動車メーカーBMWに11万2050台差をつけてリードしています。

model-y-white-tesla
Credit:Tesla

第3四半期のプレミアム・ブランドの米国内における販売総数は539,807台となり、7.1%の増加となりました。自動車業界全体では、この四半期は横ばいで推移しており、高級車部門が年間を通じて成長していることがわかります。

コックス・オートモーティブの分析によると、高級車メーカーもサプライチェーンの改善を実感しているようですが、9月26日時点のデータによると、高級車ディーラーの平均納車日数は先月の44日から47日に伸びている状況です。

1年を通じて、BMWと同じドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツは、テスラに次ぐ高級車部門の売れ筋としてこれまでしのぎを削ってきました。メルセデスは1年以上BMWを引き離しており、第2四半期にも急浮上して2位の座を獲得しましたが、この第3四半期には、BMWが2位を奪還しました。

テスラがプレミアム自動車市場の販売台数トップの座を射止めたことは、10年以上にわたって米国市場の主要プレーヤーであったドイツ企業に対する年内の決定的な勝利を意味する可能性が高いと考えられます。

BMWは米国で6,900台の電気自動車を販売しましたが、そのうち4,300台以上はこの第3四半期に販売されたものとなっています。BMWは、米国サウスカロライナ州スパルタンバーグにある自社工場を、販売を加速させた理由の一部として挙げており、今年も今後の拡大成長を見込んでいます。

BMW北米の販売責任者であるショーン・バグビー氏は、「私たちはホームグラウンドの利点を活用しました。第4四半期に向けて在庫状況は改善されるでしょう。」と述べています。

それでも、テスラの車両販売台数には遠く及ばず、テスラモデルYが米国内外の販売をリードしている滋状況です。市場が第4四半期に向かう中、テスラは今年初めに開設したギガファクトリー・テキサスの施設や、海外のもう一つの新工場であるギガ・ベルリンでの生産も引き続き増強していく予定です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました