新型4680バッテリーセル量産化で苦労するテスラ

4680-strucural-battery-pack02 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

専門家グループが、テスラによる新しい4680バッテリーセルの生産増強に苦労していると主張したことは、驚くにはあたらないかもしれません。テスラは数年前のイベント「バッテリーデー」で、量産化に課題があることを明言していたからです。テスラの目標は高すぎたようで、現在、テスラは4680セルの展開予定の約半分しか進んでいないと、専門家は述べている状況です。

基本的に、テスラの4680セルについて知識のある12人の業界専門家がロイターの取材に応じ、製造プロセスについて知っていること、理解していることを共有しました。12人のうち、全員がテスラと何らかのコネクションを持っており、9人は非常に密接な関係を持っているということです。

4680cell
Credit:Tesla

専門家の間で一致しているのは、テスラが4680バッテリー・プログラムの規模拡大でまだ問題を抱えているということです。同社は、このより大きなバッテリーセルの恩恵を受けていると言われていますが、厄介なコスト削減のための製造工程をまだ増強していないのです。より大きなセルと新しい効率的な製造技術の両方がなければ、コスト削減を完全に実現することはできません。

テスラがこの新しいバッテリー技術の拡張に成功すれば、コストを削減し、製造の効率化を図り、低価格を実現することができます。実際、専門家は、新バッテリー技術とドライコート電極の製造プロセスを組み合わせれば、モデルYのバッテリーコストをおよそ半分に削減でき、1台あたり5,500ドルの節約になると指摘しています。

とはいえ、テスラが4680セルの生産増強に苦労しているのは、ドライコート電極のプロセスに原因があると専門家は話しています。同社は、この特殊なプロセスについてまだ新シイ技術で、実績がないため、コスト削減のための迅速な生産に苦労しているのです。しかしながら、この専門家はテスラがドライコート電極プロセスを2023年のうちには完全に導入できる可能性が高いと見ているようです。

テスラの4680バッテリー・プログラムについては、何が起きているのかよくわからないということを以前からお伝えしてきました。何かがずれている、あるいは少なくともテスラがまだ共有していない詳細があるという兆候はありました。専門家の発言を事実として報告することはできませんが、彼らが報告した情報は、4680バッテリーにまつわる謎と一致しています。近い将来、テスラからさらなる情報が得られることを期待しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました