テスラ、モデルSの新しいソフトウェア・アップデートを公開!

tesla-model-s-red TESLA News
この記事は約3分で読めます。

テスラは、電気自動車「モデルS」に搭載されているサスペンションやオートパーキングの機能などを改善するためのソフトウェアアップデートを開始しました。

この改良は、他の車両にも適用される予定です。

ソフトウェア・アップデートに関しては、テスラは最近、非常に頻繁に実施し絶好調です。テスラは、自社の車両に多くのソフトウェアアップデートを行っているだけでなく、最近ではモバイルアプリの新バージョンをリリースしました。

今回、テスラは新型モデルS専用の新しいアップデートを開始しました。このアップデートには、アダプティブ・サスペンション・ダンピングの新バージョンが含まれています。

テスラは、新しい2021.32.5ソフトウェア・アップデートのリリースノートに以下のように記しています。

サスペンションのダンピングアルゴリズムを再調整することで、よりスムーズな制御と快適な乗り心地を実現しました。伸び側と縮み側のバランスを変更したことで、新型マルチリンク・リア・サスペンションと連動して、ステアリング・レスポンスとハンドリングが向上し、激しいドライビングでも路面との一体感が増し、より正確なコントロールが可能になりました。

先日お伝えしたように、テスラは最新のビジョンベースのソフトウェアを使ってオートパーク機能のアップデートを開始しました。今回のアップデートでは、さらに改良が加えられています。

今回のアップデートで、平行および垂直な駐車スペースに自動的に駐車できるようになりました。時速15マイル(25km/h)以下で走行中、駐車可能な場所を検出すると、インストルメントクラスターにパーキングアイコンが表示されます。オートパーキングを開始するには、シフトパネルのオートパーキングボタンをタップ&ホールドし、ステアリングヨークを離します。オートパーキングの詳細については、オーナーズマニュアルをご参照ください。

最後に、今回のアップデートでは、ユーザーインターフェースの下部コントロールバーの変更も行われています。

「チャイルドロック」は「カメラ」の代わりました。タッチスクリーンのボトムバーから「カメラ」にアクセスすることは可能です。

テスラはこの週末、各車へのアップデートを開始しましたが、すべての車両に反映されるまでには時間がかかる可能性があります。

新しいサスペンション・ダンピング・アルゴリズムは、モデルS(および納入開始時にはモデルX)にのみ搭載される見込みですが、新しいビジョンベースのオートパークは、最終的にすべての車両に搭載される見込みです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

最近北米ではどんどんソフトウェア・アップデートが出てきてますが、日本国内では小幅な機能改善にとどまってますね。最新は2021.32.5ソフトウェア・アップデートになってます。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました