米国ではガソリン車が大幅に減少の一方、フル電動化が拡大中!

US-Auto-Sales-Chart-1999-2016-2021 TESLA News
この記事は約3分で読めます。

アメリカでは化石燃料車の販売のピークを経験したかもしれませんが、ピークの年はごく最近でもなかったのです。化石燃料を使った小型車販売のピークとして歴史に残る年は、2016年だったようです。皮肉なことに、その年はテスラのモデル3が発表された年でもあります。

もちろん、完全な電気自動車の販売台数はまだピークに達していません。2020年には過去最高の25万台近くのフル電動車が米国で販売され、2021年はそれを上回る可能性が非常に高くなっています。

1999-2020年 米国における動力種類別自動車販売台数

2016年、アメリカでは過去最高の約1750万台の自動車新車販売台数を記録しました。この年はまだ、フル電気自動車の販売台数の割合がかなり少なく、本格的に躍進したのは2018年からでした。その後、4年間の自動車販売減少を経て、2020年には全国で約1470万台の自動車が販売されました。

当然、パンデミック(とチップ不足)の影響を受け、2020年は特に自動車販売台数が少ない年となりましたが、それでもEVの販売台数はひたすら伸び続けました(上図の黄色い棒を参照)。このグラフを見ておわかりのように、ガソリン車(赤いライン)の販売台数が今後回復して、2016年の過去最高の高さになることはないと考えられます。

米国内のピュアEV販売台数は、2019年の小型車市場の1.4%を占めていた状況から、2020年には1.7%まで上昇しました。これはまだ、欧州や中国の状況(2021年にはそれぞれ7%以上のシェアを獲得-欧州は7.6%、中国は9.4%)と比べるとまだまだ非常に低い水準です。

興味深いことに、プラグインハイブリッド車は、2018年に考えられるピーク(シェア0.7%)から販売台数が減少しました。プラグインハイブリッド車、さらには従来型のハイブリッド車を除くと、2020年の販売台数は1,270万台にとどまり、2019年の1,530万台に比べて300万台近くも販売台数が減少しています。

先日お伝えしたように、本誌ライターの一人であるMaarten Vinkhuyzen氏は、自動車の電動化のような大きな技術の移行がスムーズではないこと、オズボーン効果(訳注:早すぎる新製品発表によって、買い控え現象を起こし、現行製品の販売不振を招く現象)が働くことを数年前に明らかにしました。

完璧な表現ではありませんが、上のグラフと下のグラフの類似性を見てください。従来型の自動車の販売台数は、電気自動車の販売台数が伸びるよりも早く崩壊しています。

自動車産業におけるオズボーン効果

企業も個人も、電気自動車100%の目標を立てるべき時が来ています。その目標到達はまだ先のことになりますが、どこかでスタートしなければなりません。欧州や中国の電気自動車のシェアが1.7%だったのは、それほど昔のことではありません。米国の電気自動車のシェアが10%になるのもそう遠いことではありません。

米国の電気自動車トップ10チャート(2021年上半期)

1位と2位を圧倒的にテスラが独占状態。

アメリカの電気自動車トップ10チャート(2021年上半期)

米国カリフォルニア州 SUVトップ10チャート(2021年上半期)

カリフォルニア州では、一般のSUVと比較してもモデルYが2位に。

カリフォルニア州のSUVトップ10チャート(2021年上半期)

米国カリフォルニア州 全自動車販売トップ8チャート(2021年上半期)

ここでも5位にテスラモデル3がランクイン。

カリフォルニア州の全自動車販売トップ8チャート(2021年上半期)
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

確かに、プラグインハイブリッドは販売台数が減少している‥‥‥。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました