ザ・ボーリング・カンパニーが真空高速輸送ハイパーループの本格的なテストを開始

the-boring-company-hyper-roop TESLA News
Credit:The Boring Company
スポンサーリンク

最初に建設されたオリジナルのホーソーン・ハイパーループが解体されてから数カ月後、ザ・ボーリング・カンパニーが本格的なハイパーループのテストを開始したと発表しました。今回の発表では、この新しいハイパーループがどこにあるのかは明言されていませんが、ザ・ボーリング・カンパニーとスペースXが事業所を構えるテキサス州バストロップに建設されたようです。

プロモーション用ショットには、トンネル内にテスラモデル3が映し出されており、興味深い内容となっています。

ハイパーループは通常、真空中で機能するというコンセプトのため、気密性の高いシャトルを念頭に置いて設計されています。ですから、モデルYは気密性の高い乗り物ではないので、そのような試みに理想的であるかどうかはわかりません。

ツイッターで多くの人が指摘しているように、プロモ撮影のためだと思われますが、ザ・ボーリング・カンパニーもイーロン・マスク氏も詳しいことは明らかにしていません。エアロックのデザインは、ビデオゲーム「フォールアウト」に登場するエアロックのようで、悪名高いゲームフランチャイズへの素敵なオマージュとなっています。

ハイパーループのテスト用エアロック
内部にモデル3

少なくとも、ザ・ボーリング・カンパニーが年内に本格的なテストを行うという目標を達成したことは、良い兆候でしょう。同社が何をテストしているのか、どの段階にいるのか、手がかりはありませんが、ハイパーループ・プロジェクトの何らかの動きはポジティブなものです。

ハイパーループをめぐる最大のハードルは、常にこれほど大規模な真空状態を維持するこでした。

ザ・ボーリング・カンパニーがテストしてソリューションを検証し実用化に目処をつけることができれば、今後何年にもわたって輸送分野に革命をもたらすと考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました