世界初、テスラ製ソーラールーフ&パワーウォールの街が現実のものに

TESLA News
スポンサーリンク

世界初のテスラ製太陽光発電のある地域が米国テキサス州オースティンで現実のものとなりつつあります。テスラは、全く新しい開発地にソーラールーフとパワーウォールを設置しているところです。

昨年、テスラは米国テキサス州オースティンの新しいコミュニティにソーラールーフとパワーウォールを「大規模」に配備するという画期的な契約を締結しました。このプロジェクトは、ブルックフィールド・アセット・マネジメント社およびダクラ社と提携しており、イーストン・パークという12,000世帯の新しい開発プロジェクトの新築住宅にテスラ、ソーラールーフとパワーウォールをパッケージとして提供するものとなっています。

このプロジェクトは、テスラにとって重要なプロジェクトであり、ソーラーとエネルギー貯蔵によって新しい住宅市場に参入することができると認識されています。このプロジェクトは1年前から行われていますが、それに関する情報はあまりオープンになっていませんでした。

今回テスラが、イーストン・パークにおけるソーラールーフ設置作業員をこの新築住宅プロジェクトに集中させていることが判明しました。。前四半期に、テスラはソーラールーフの新規プロジェクトのスケジュールを停止したと公表しましたが、これは製品がまだ予定より大幅に遅れているためです。

このたび、テスラが第4四半期に再びソーラールーフの設置を計画し始め、イーストンパークのような新しい住宅に焦点を合わせていることを、関係者が認めました。

イーストンパークには、上の写真のようにテスラのソーラールーフとパワーウォールを設置した住宅がすでにかなりあるそうです。

ブルックフィールド・アセット・マネジメント社は、テスラソーラーの近隣に「テスラ・ソーラー・パッケージ」付きの物件を多数保有しています。

tesla-solar-roof-02

イーストンパークに住むマリオさんは、テスラパッケージに決めた理由を以下のように説明しています。

「私は費用対効果を分析しました。テスラのサイトに行って、私たちが購入する家の特徴とテスラ・ルーフを追加するのにかかる費用を同じように入れてみました。テスラ・ルーフを導入することで、大きなコスト削減が期待できます。」

マリオさんのシステムは需要以上の電気を作り出し、残りは系統連系で売電することができます。

「私は、すでに持っている省エネの習慣を利用することで、長期的にソーラールーフから収入を得ることができます。」

最近、テスラがテキサス州で電力を小売販売する会社を設立し、仮想発電所を展開していると報じられました。イーストンパークに新たに設置されたこれらの設備は、いずれテスラが計画しているテキサスのバーチャル発電所に含まれることになるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました