米国自動車販売台数でテスラが3年間で97%増加の一方、最も苦戦しているメーカーは…

model-3-blue-red TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

米国自動車販売台数の暴落が続いている。2022年第2四半期の米国自動車販売台数は、2021年第2四半期に比べ20%減(-830,642台)だった。2020年第2四半期と比較すると19%(535,191台)増加しているが、2019年第2四半期と比較すると22%(-942,390台)減少している。つまり、COVIDパンデミックの最大の経済封鎖後のあの小さなリバウンドを無視すれば、米国自動車市場は暴落しているのである。

四半期単位の米国自動車販売

増加した自動車ブランド

2019年第2四半期から2022年第2四半期にかけて販売台数が増加した自動車ブランドは5つだけで、2021年第2四半期から2022年第2四半期にかけて増加した自動車ブランドは6つだけでした。

2019年から2022年にかけて大きく上昇したブランドはテスラのみで、Q2の販売台数は約97%増加しました。2位はポルシェで28%、ポルシェは伝統的な自動車ブランドの中で、現在プラグインモデルによる販売シェアが最も高くなっています。この2社以外は、メルセデス(17%)、クライスラー(12%)、起亜(8%)のみが四半期ごとに販売台数を伸ばしています。

2022年第2四半期と2021年第2四半期を比較すると、最も販売台数が増加したブランドは、実はクライスラー(95%増)でした。もちろん、2019年を考慮すると、これはクライスラーの2021年第2四半期が(業界全体で典型的だった2020年第2四半期が非常に悪かったことに加えて)非常に悪かったことが大きな要因となっています。テスラの2022年第2四半期の販売台数は、2021年第2四半期より30%増加し、残りの自動車ブランドで販売台数が増えたのは、メルセデス・ベンツの7%増、ポルシェ3%増、フォードは2%増、リンカーンが1%増という結果です。

最も苦戦しているメーカーは?

台数変化で見ると、2019年と比較して最も苦しんでいるブランドは順に、フォード(2019年第2四半期に対して2022年第2四半期は16万4453台減)、ホンダ(15万461台減)、日産(14万9830台減)、シボレー(12万265台減)という結果です。販売台数量減少比率を見ると、2019年第2四半期から2022年第2四半期にかけて最も減少したのは、フィアット(-91%)、インフィニティ(-63%)、ダッジ(-63%)、ビュイック(-48%)という状況です。

2021年第2四半期と比較して、2022年第2四半期に販売台数の減少が最も大きいブランドは、ホンダ(22万758台減)、トヨタ(14万971台減)、日産(10万7,670台減)と日本のメーカーがワースト3位を占めました。販売台数量減少比率を見ると、フィアット(-72%)、ビュイック(-56%)、ホンダ(-51%)、アキュラ(-51%)、ミニ(-45%)、インフィニティ(-41%)が負け組となりました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました