テスラはソフトウェアを改善する必要がある:イーロン・マスク

tesla-screen TESLA News
スポンサーリンク

テスラのソフトウェアには改善が必要です。

イーロン・マスクCEOによると、YouTubeチャンネル「テスラオーナーズ・シリコンバレー」に投稿されたビデオの中で、インターフェースやブラウザ、その他のプログラムを強く批判しているのです。

「我々は、車の基本的なソフトウェアでいろいろなことを行うために多くの課題を持っています。我々は間違いなく車の全体的なインターフェイスに改善を加える必要があります。」

2012年にテスラが大型タブレットを車に搭載し始めたのは画期的な出来事でした。巨大なタッチスクリーンは、ダッシュボード上のノブやスイッチのほとんどを置き換え、結果としてテスラが自動車界で際立つための新たな手段を手に入れました。

しかし、タッチスクリーンは今やほとんどの自動車で比較的標準的なものであり、特にAppleのCarPlayが今後改良されることを考えると、近いうちにテスラと同じようにそれを行う自動車メーカーがいくつか出てくるかもしれません。

マスクCEOは、「インターフェイスには多くの不満がある、インターフェイスはもっと良くできる」という批判をしばしば耳にしています。

tesla-screen

マスク氏は自己批判に止まらず、「我々のウェブブラウザは最悪だ。車内でウェブブラウザを使おうとすると、読み込みに時間がかかり、その上、ゴミのようなブラウザです。5年前のどこぞのiPadより、よっぽどひどいです。」とまで言っています。

テスラのブラウザは、GoogleのオープンソースブラウザであるChromiumをベースにしています。同じエンジンがGoogle Chromeを動かしているのですが、テスラのブラウザはマスク氏が期待するスピードと効率に欠けています。

テスラはブラウザの改善に取り組んできました。アップデート2022.12では、より新しいバージョンのChromiumを搭載し、オートコンプリート、お気に入りの変更、ブラウザのキャッシュをクリアする機能といった要素を導入しました。

しかし、このインタビューは、そのアップデートが最初にリリースされてから約3カ月後に行われたものです。マスク氏は明らかに、その改良では満足していないようなのです。

彼はまた、モデルSとモデルXのリアスクリーンに多くの改善が必要だと言っています(リアスクリーンは今後モデル3とモデルYにも搭載される可能性があります)。

マスクCEOは、リアスクリーンは後部座席の人々を楽しませるのに役立つが、同じオーディオがキャビン全体で再生されることは理想的ではないと指摘しています。

「我々は、背面用に別々のオーディオを持つべきであると考えています。何のために?現在、後ろの画面にも前と同じレベルの音を流しています。」

DVDプレーヤーを搭載した最初のミニバンは、ヘッドホンジャックを装備し、ドライバーの気を散らさないような体験を提供しました。

「後部座席で再生される音声は、後部座席のスクリーンをキーとするBluetoothに接続され、ヘッドフォンで聴くことができます。そうすれば、人々はフロントで音楽を聴くことができ、リアのYouTubeの子供番組から非難されることはありません。」

テスラが将来のアップデートで、リアオーディオをBluetoothヘッドフォンにストリーミングする機能を提供する可能性はあります。

マスク氏は、「我々が修正する必要があるたくさんの課題があります。」と付け加えました。

マスク氏は、改善を行う上でのタイムラインや、彼が提案した変更が行われるかどうかさえも約束しませんでした。とはいえ、CEOが製品の要素を「最悪だ」「ゴミだ」と言えば、その部分を担当する社員は仕事に取りかからざるを得ないと考えられます。

イーロン・マスクCEOは、以下映像のの37分あたりからテスラのソフトウェアについて話しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました