イーロン・マスクの最も大切にしている日常習慣は…?

g20-elon-musk TESLA News
https://youtu.be/TGhW6ANHxAg
スポンサーリンク

先日、インドネシア・バリ島のヌサドゥアでG20サミットが開催されました。インドネシアの教育大臣であるナディーム・マカリム氏は、教育の重要性を公に訴えました。その一環として、テスラCEOのイーロン・マスク氏とビデオ通話で教育について語り合う機会が設けられました。

批判的思考

バチカンニュースで報じられたところによりますと、マスク氏は、学習を「精神的な障害物コース」として経験するだけではなく、学習したことの関連性を確立することの重要性を強調しました。彼は、批判的思考は、誤った概念に対するある種の「ファイアウォール」を作るのに役立つため、教育の早い段階で教えなければならないと述べました。

学習へのアプローチについて尋ねられたマスク氏は、「時間をかけて間違いを少なくすることを目指すこと」、そして、「知識を探求する際に批判的なフィードバックを求めること」を奨励しました。また、「常に自分が正しい」という態度をとり続け、その結果、常に自分が正しいことを他人に証明しようとすることを戒めました。

物理学の重要性

さらにマスク氏は、真理を探究するための重要な学習ツールとして、物理学の重要性を強調しました。「物理学は法則であり、それ以外は推論である」という第一原理に立ち返るということです。

強迫観念的な好奇心

私が最も魅力的だと感じたのは、会場で質問した女性によると、マスク氏を「今の自分」にした日々の習慣に関する質問に対する彼の以下の回答です。

「日々の習慣という意味では、世界や世界の仕組みに好奇心を持つこと、つまり何に対しても好奇心を持つことだと思います。好奇心を持つことは非常に重要なことだと思います。そして、その好奇心にある程度執着することが必要です。おそらく、強迫観念的な好奇心が1番でしょう」とマスク氏は説明しました。

マスク氏はまた、失敗や恐怖、多くの否定的な人々への対応など、いくつかの突っ込んだ質問にも答えました。また、教育や学習をめぐる思考プロセスについても、鋭い洞察力を発揮しました。短い時間ではありましたが、とても魅力的なインタビューでした。

まだご覧になっていない方は、下記からご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました