イーロン・マスクがたった1文で全社員に伝えたリーダーシップの極意

elon-musk-berlin TESLA News
スポンサーリンク

テスラのCEOは、コミュニケーション不足がもたらす結果を理解しています。

テスラ社のイーロン・マスクCEOは、ワークライフバランスの申し子ではないかもしれませんが、コミュニケーション不足と管理不行き届きがもたらす結果については、明らかに理解しています。数年前にマスク氏が従業員に送ったメール(後に一般に流出したもの)には、こんな簡単な教訓が書かれていました。

コミュニケーションは、指揮命令系統ではなく、仕事を成し遂げるために必要な最短経路で行われるべきです。

このメッセージは、明らかに上司への警告でした。なぜなら、階層や複数のチャンネルを通じたコミュニケーションは、物事を遅くし、イノベーションを殺してしまうことを、マスク氏は知っているからです。実際の仕事をする社員が、上司に相談し、上司が部長に相談し、部長が本部長に相談し、本部長が部長に戻り、部長が課長に戻って、ようやく社員が何かを成し遂げられるようになる、というようなことがあってはならないのです。これは狂気の沙汰なのです。

cyber-rodeo-elon-musk
Credit:Tesla

情報伝達は最短経路で

マスク氏は、情報はあらゆる方向へ、あらゆるレベルの間を、地位や階級に関係なく移動しなければならないことを理解しています。この分散型、ボトムアップ型の経営手法こそが、未来のリーダーシップなのです。マスク氏が言うように、効率と生産性を高めるために何かを伝える必要があるのなら、それは最短距離を移動しなければならないのです。

しかし、トップダウン型の指揮命令系統の環境では、なかなかうまくいきません。これを実現するために必要なことは何なのでしょうか。

従業員に自由と機会を与え、どのように仕事を達成するのが最善かを決定し、参加させ、決定するということです。従業員は、自分が会社に投資されていると感じられるような起業家的な環境で成長するものです。つまり、自分の仕事にオーナーシップを持たせ、特に最適な行動を知るための適切な能力とスキルを持っている場合は、自分で決断する許可を与えることです。そのような自由を与えることで、彼らはより高いレベルのパフォーマンスを発揮することができます。

リーダーの目標は、今も昔も、チームメンバーが正しい判断を下せるようにすることです。それは、彼らが直面する問題の解決に主体的に取り組み、その結果に全責任を持つことを支援することです。

適切な解決策

自分の直感に従った行動に対する叱責の恐怖は、人の心を打ち砕くものです。マネージャーは、社員に自律性を与え、自分の考えを表現する声を上げさせ、学習の一環としてリスクを取り、間違いを犯すことを許容することで、雰囲気から恐怖心を汲み取る必要があります。まず、社員を受け入れ、励ます雰囲気づくりから始めましょう。そうすれば、メンバーが驚くようなことをするのを見ることができます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました