マスク氏、テスラのライバル企業にツイッターで公平な競争環境を約束

elon-musk-berlin TESLA News
スポンサーリンク

ツイッターで行われたタウンホールミーティングで、マスク氏は「我々はできる限り公平であろうとします」と述べました。

イーロン・マスク氏は、ソーシャルメディアプラットフォームの買収後、テスラと競合する自動車メーカーにツイッターでの広告を再開するよう説得する決意を固めているようです。

ツイッター空間で放送された広告主向けのタウンホールで、マスク氏は、自分が両社のCEOであることから、テスラに不当な優位性を与えないことを約束しました。また、自動車会社の幹部がこのプラットフォームでより積極的に活動することを望んでいるとも付け加えました。ブルームバーグが報じたように、マスク氏は議論の中で「我々はできるだけ公平であろうとします」と述べたようです。

twitter-logo

これは、マスク氏が最近広告主に言及した方法の中で、明らかにトーンが変わったことを意味しています。11月4日には、活動家グループがツイッターへの出稿を止めるよう広告主に圧力をかけているとツイートし、「アメリカの言論の自由を破壊しようとしている」と非難していました。

さらに彼は、広告主がプラットフォームから広告を引き揚げ続けるなら、「熱核兵器級のレベルで名指しで恥をかかせる」とまで脅しました。

イーロン・マスク氏がツイッターを所有することを快く思っていない自動車メーカーがあるかもしれないという兆候は、当初からありました。2022年4月にテスラのCEOがツイッターで入札した後、フィスカーのヘンリック・フィスカーCEOは真っ先に個人のツイッターアカウントを削除して反応しました。

当時、フィスカーは、自分の自由な発言を「競合他社に積極的に管理・支配されたくない」と説明していました。彼の反応は過激だったのですが、イーロン・マスク氏が先月ツイッターの買収を完了させた後、ツイッターでの有料広告を停止すると発表する自動車メーカーが増えつつあります。

ゼネラルモーターズは10月28日にツイッターでの有料広告を停止すると発表し、その後、フォルクスワーゲングループが11月4日に、ステランティスが11月7日にと、いくつかの大企業がそれに続きました。

フォルクスワーゲン・グループが自社ブランドに対してツイッターでの有料広告を停止するよう勧告したのに対し、ステランティスはイーロン・マスク氏の指揮下でプラットフォームがどのようになるのかが明確になるまで、すべての有料広告投稿を一時停止しています。

一方、フォードは、現在ツイッターに広告を出しておらず、イーロン・マスク氏の非公開化以前から広告を出していなかったと述べています。同社は、新しい所有者の下でプラットフォームの方向性を引き続き評価することになるとレポートしています。

イーロン・マスク氏自身が数日前に大量解雇を発表した際、ツイッターは1日に400万ドルの損失を出していると認めており、ユナイテッド航空、ゼネラルミルズ、モンデリーズなど同様の姿勢をとる他の企業はもちろん、GM、スタンティス、フォルクスワーゲングループといった大手広告主を失う余裕がないことは言うまでもないだろう。

ツイッターは、活動家グループが広告主に圧力をかけているため、収益が大幅に減少しているのです。コンテンツ・モデレーションは何も変わっておらず、活動家たちをなだめるためにできることはすべてやったのに。
とんでもなくメチャクチャです。 彼らはアメリカの言論の自由を破壊しようとしているのです。
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました