ダイエットに最適! 乳酸菌サプリメント ベスト5

yoghurtロカボ
이동원 leeによるPixabayからの画像

整腸作用系サプリメント

 今回ご紹介するのは、整腸作用系の乳酸菌サプリメントです。前回ご紹介させていただいた難消化性デキストリンのように、糖質の吸収を抑制するのと同時に整腸作用もあるサプリメントもあるのですが、ここでは主に整腸作用が大きいサプリメントをご紹介します。

 そもそも、低糖質や糖質制限、ケトジェニックダイエットをはじめとして整腸作用系のサプリメントは体重や脂肪、糖質への直接的な効果というより、消化機能を促進し整えることで、効果をサポートする役割が大きいものになります。

乳酸菌とは

言わずと知れた乳酸菌ですが、ヨーグルトやチーズが代表的で本来的には通常の食事から摂取するのが理想といわれています。

乳酸菌は、厚生労働省のHPによると

「発酵によって糖から乳酸をつくる嫌気性の微生物の総称。腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整える。」とあります。

 乳酸菌は腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスをとる役割を果たしています。また、腸内環境を整えるだけでなく、コレステロールを低下させたり、免疫力を高めがんを予防するなど、さまざまな働きがあると言われています。

 また乳酸菌にはその成り立ちで、動物性と植物性の二種類があります。

動物性乳酸菌

 これはヨーグルトやチーズにに代表される乳製品から作られる乳酸菌で、乳酸菌以外にも、良質なたんぱく質やカルシウムなど健康に良いその他の成分も含まれています。

植物性乳酸菌

 乳酸菌といえば、動物性乳酸菌を指すのが一般的でしたが、さきほどの定義にように「発酵によって糖から乳酸を作る菌」ということですので、植物由来の発酵食品である味噌や醤油、漬物から発見された乳酸菌のことを指します。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

 実は、乳酸菌そのものの違いはなく、単に乳酸菌の「餌」が動物性か植物性かという違いだけです。つまり、乳酸菌そのものは、動物性も植物性もありません。植物性の乳酸菌のほうが、なんとなく身体に良いイメージがあると思いますが、そこは最近の研究では、由来の違いだけで効果や作用に違いがあるのは、乳酸菌の種類や「株」の違いがある場合と言われています。

乳酸菌サプリメント

 乳酸菌を体内に摂取する方法は普通に食品から摂取することもできますし、ヤクルトのような乳飲料から摂取することもできます。サプリメントとして摂取するメリットは効率よく手軽にかつ「カロリーオフ」で摂取できるということに尽きるでしょう。

 それでは、アマゾンの乳酸菌サプリメント上位5つをご紹介します。

乳酸菌の定番 新ビオフェルミンS錠

 まず、第1位は言わずとしれた「ビオフェルミン」です。ビオフェルミンはパッケージにも記載がある通り「乳酸菌のくすり」で、ヒト由来の3種類の乳酸菌を大腸まで運んでくれるスグレモノなのです。
 一家に一つは常備しておくべきスタンダードです。

口臭が気になる方に ロイテリ菌 タブレット

 アンデスの山中で発見されたヒト由来の乳酸菌「ロイテリ菌」。ロイテリ菌は、いま注目を集めている乳酸菌で、「バクテリアセラピー」に利用される善玉菌です。バクテリアセラピーとは、体内の環境を善玉菌で良い方向に整えて、優しく健康に導くもので、これにこのロイテリ菌が使われます。口臭が気になる方に!

生きたまま届けたい 極み菌活生サプリ

 一粒に2億個の生きた乳酸菌を配合した極み菌活生サプリには、乳酸菌、酪酸菌 、ビフィズス菌が含まれるうえ、乳酸菌が体内で増えるのに必要な2種のオリゴ糖が含まれています。腸内フローラの改善にぜひ!

美容効果も求める方に W FLORA ダブルフローラ

 ダブルフローラは単に善玉菌を増やすだけではなく、「美容」乳酸菌の力で、健康で美しい体づくりから美容までサポートする乳酸菌サプリメントです。コラーゲンを生み出すハリツヤ乳酸菌、ヒアルロン酸を作り出すうるおい酢酸菌、美容成分の吸収を高めるインフローラ乳酸菌で内からの美容をサポートします。

24種類であなたに合う乳酸菌を 快菌キララ

 一袋で乳酸菌を4兆個も配合しており、その中になんと24種類もの乳酸菌(ビフィズス菌、ガセリ菌など)を含んでいますので、あなたにピッタリ合う乳酸菌が見つかります。また、難消化性デキストリン、イヌリン、オリゴ糖など食物繊維と整腸作用に欠かせない成分も配合されています。

タイトルとURLをコピーしました