糖類ゼロ?糖質ゼロ?プリン体ゼロ?

casserole-dish トピックス
Engin AkyurtによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

糖質と糖類

 最近、低糖質やロカボといった糖質の低いことを宣伝に使用した食品を見かけることが非常に多くなってきました。商品を選ぶ際にこうした「糖質ゼロ」や「カロリーゼロ」「プリン体ゼロ」の表示を見ると少し安心して、いつもより多く飲んだり食べたりすることもあります。

 糖質については別のエントリーで炭水化物との関係でご説明したように、以下のようなものです。

糖質  =  炭水化物  -  食物繊維

 つまり糖質ゼロということは、炭水化物が無いかすべて食物繊維の場合ということになります。

 また、似たような用語として「糖類」という言葉もよく見かけますが、いまいちこの違いがよく分からないので少し調べてみました。

炭水化物の分類

炭水化物 糖質 糖類 単糖類 ブドウ糖・果糖・ガラクトース
二糖類 砂糖・麦芽糖・乳糖
少糖類 オリゴ糖(単糖類が複数連結)
多糖類 でんぷん・グリコーゲン
糖アルコール類 キシリトール・マルチトール
高甘味度甘味料 スクラロース・アスパルテーム
食物繊維 水溶性食物繊維 難消化性デキストリン
不溶性食物繊維 セルロース

 この表のように、炭水化物は「糖質」と「食物繊維」に、さらに「糖質」は糖類と4つのその他の糖に、「食物繊維」は水溶性か不溶性(水に溶けるか溶けないか)で二つに分類されます。

糖質と食物繊維

 炭水化物は糖質と食物繊維に分かれますが、簡単に言いますと「消化できるかできないか」(≒栄養素となるかならないか)で区別されます。もちろん食物繊維が消化されないのですが、食物繊維についてはまた改めて別のエントリーでご紹介します。

 私達が糖質と言って思い浮かぶのは、上表の上から4つ「単糖類」「二糖類」「少糖類」「多糖類」かと思います。これらは、分子の大きさが小さければ小さいほど(単糖類になるにつれて)消化が良い=エネルギーに変わりやすいとされています。

 糖類の消化は、およそその半分が脳だと言われているので、受験生などが試験の前に飴玉や果物を食べるのはそれなりに意味があることなのかと思います。

糖質の種類

 次に糖質の種類についてそれぞれ少し見ていきましょう。

糖類とその他の糖

 糖類は単糖類と二糖類に分かれます。

糖類  =  単糖類  + 二糖類

単糖類(monosaccharide)

 単糖類は糖類のうち、これ以上分解(加水分解)できない糖類のことを言います。逆に言うと、その他の糖類は単糖類が結合してできあがっているとも言えます。具体的には、ブドウ糖や果糖、ガラクトースなどです。

 私たちが食べ物から摂取した糖質は、内臓器官による消化吸収により、最終的にブドウ糖に分解され、活動の源、エネルギー源となります。他の栄養素よりも比較的早く分解吸収されるため、素早くエネルギーを補給し血糖値を上げるのに適しています。特別な場合を除いて、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても非常に重要な栄養素です。

二糖類(disaccharide)

 読んで字のごとく、単糖類が二つくっついて(脱水縮合)二糖類となります。砂糖の主成分である「ショ糖」は単糖類であるブドウ糖と果糖が結合してできたものです。

砂糖(ショ糖)  =  ブドウ糖  + 果糖

 また麦芽糖はブドウ糖の二分子が結合したもの、乳糖はブドウ糖とガラクトースが結合したもので、これらも二糖類に分類されます。

少糖類(oligosaccharide)と多糖類(polysaccharide)

 少糖類は単糖が2から10個程度結合(脱水縮合)した糖類です。具体的には「オリゴ糖」と呼ばれている糖類です。この糖の特性は体内での消化吸収が遅いか、人間が持つ酵素では分解できない糖である一方で、腸内での善玉細菌の食料となることが知られています。ヨーグルトなど善玉細菌を増しておなかの調子を整えることを目的とした、様々な機能性食品に使われています。

 また多糖類は、単糖類が多数連結し大きな分子を形成したものを指します。ブドウ糖(グルコース)だけででき上がったものでも、その連結の仕方で「でんぷん」や「グリコーゲン」になったりします。これらは最終的にはブドウ糖に分解され体内に吸収されます。

糖類ゼロ・糖質ゼロ の意味

 ここまで読んでいただくと「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」の意味の違いがおわかりいただけると思います。

糖類ゼロ(≒他に糖質は含まれている)

糖類ゼロ  =  単糖類と二糖類が少ない

 これを誤解を恐れず簡単に表現しますと、消化しやすい糖類が少ないということですね。つまり、多糖類(でんぷん等)が含まれていても糖類ゼロという表記はできますので、糖類ゼロだからとって炭水化物やその他の糖が含まれていないということにはならないのです。

糖質ゼロの意味(≒全然ゼロでない)

 一方で、「糖質ゼロ」の場合には糖質ということなので上表のように炭水化物のうち栄養素とならない食物繊維を除いた「糖質」がゼロということですので、少し安心できます。

ただ、これにも大きな落とし穴があり、食品栄養表示の基準で「ゼロ」とか「ノン」「レス」「無」といった用語は、

「100gまたは100ml中に糖質・または糖類が0.5g以下の場合」は表示可

ということになっているのです。

 加えてみなさんもよく目にすると思いますが「糖質オフ」の「オフ」表示については、

「100gまたは100ml中に糖質・または糖類が2.5g以下の場合」は表示可

 ということなのです。

 つまり、「糖質ゼロ」とうたった第三のビール350mlがあるとすると、その中には最大で2.5gの三倍の1.5gの糖質が含まれている可能性があるということです。ちなみに「糖質オフ」の場合にはなんと7.5gもの糖質が含まれているということになっているのです。

プリン体ゼロ

 ここまで「プリン体」については触れていませんが、プリン体はたんぱく質から生成されるアミノ酸、それも旨味成分だといわれています。プリン体と糖類が同列に表現されることもありますが、それは肥満のかたに尿酸値が高い=痛風になっているひとが多くいるので、原因と結果を結びつけているだけです。

 もちろん、インスリンは尿酸の排せつを邪魔する方向に働くので高尿酸になりやすくなってしまうので、無關系ということではないですが、糖質や糖類とはあまり関係がない成分です。プリン体の正体については、また改めて別のエントリーで!

タイトルとURLをコピーしました