アルコールを飲むと太る?

wine-1761613_1280 トピックス
Photo MixによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。

まずは結論から

 アルコールを呑むと太るのか?といいますと、アルコール(エタノール)だけでは太らない、となります。

アルコール体内で代謝されるので太らない

 アルコール(エタノール)には結構な量のカロリー(エネルギー)も含まれているのですが、糖になり脂肪になる前に、ほぼすべて代謝されてしまいます。結局、アルコールと一緒に食べる食べ物などにより太る、ということになります。

 それでは少し詳しく見ていきましょう。

新型コロナショック

 みなさんが飲用しているアルコールは、エタノール(エチルアルコール)です。新型コロナの影響で、消毒液にも使われるエタノールの品薄状態がつづき度数の高いお酒が売り切れたり、

新型コロナウイルス お酒で消毒の実際

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336231000.html

酒造会社が消毒用としてのエタノール販売に乗り出したり

高濃度エタノール製品 「JーFight77」 を販売開始

https://www.kyo-ya.com/j-fight77/

する事態になっています。アルコール濃度が96%と言われるスピリタスは、ほぼ無水エタノールと言ってもいいようなものですが、本来お酒は飲むものなのでこうした異常な事態が早めに収まることを切に願います。

醸造酒?蒸留酒?

 皆さんは、「醸造酒より蒸留酒のほうが太りにくい」とかお聞きになったことはありませんか?お酒を飲むと太るか太らないかの前に、少しお酒の作り方と種類について見ていきましょう。

 お酒には、製造法により大きくは3つの、醸造酒は更に3つに分かれるので、合計6つの製造法があります。

製法   代表例
醸造酒 単発酵:糖化工程がなく発酵のみ ワイン
複発酵:糖化と発酵が別々 ビール
並行複醗酵:糖化と発酵が同時 日本酒
蒸留酒 醸造したものを蒸留して製造 ウィスキー・焼酎
混成酒 醸造酒や蒸留酒に香料や糖を加えて製造 梅酒・リキュール

醸造酒

醸造酒(単発酵):ワイン

wine

 単発酵の代表的なお酒としてワインがあります。ワインの原料はご存知のようにぶどうですが、このぶどうそのものにアルコール発酵の原料となる糖(果糖)が含まれており、この果糖を発酵させることでお酒を製造します。

醸造酒(複発酵):ビール

beer

 ビールの原料は麦です。この麦の中にあるデンプンが麦芽の酵素により分解されて糖(糖化)になり、更にこの糖が分解されてアルコール(発酵)が出来上がります。この糖化と発酵が別々の工程なのが複発酵です。

醸造酒(並行複醗酵):日本酒

sake

 日本酒の原料はお米ですが、これもビールの麦と同様にデンプンが主成分です。このデンプンを麹のちからにより糖化と発酵を同時に進行させて作り上げたのが日本酒です。

蒸留酒

蒸留酒:焼酎・ウィスキー・スコッチ・ブランデー・ウォッカ・ジン

 蒸留酒は、醸造により作られたアルコールを含む液体を更に蒸留することによって製造されます。例えばワインの中にはアルコール分、水分、その他の成分(芳香成分等)が含まれています。

 この水分の沸点は100度、アルコールは80度ですので、ワインを加熱するとアルコール分が蒸発します。この蒸発したアルコール成分を集めて凝縮したものがブランデーです。

混成酒

混成酒:梅酒・リキュール・ベルモット・ペパーミント

 これは読んで字のごとく様々なものを混合したお酒のことです。醸造酒や蒸留酒に、果汁や香料などを加えて製造します。梅酒をおうちで作るときは、焼酎に梅の実を入れて作りますよね。

エンプティカロリーとは

 お酒の成り立ちについて、少しご理解いただけたかと思います。それでは本題の「お酒を飲むと太るか」についてです。

 皆さんは「エンプティカロリー」という言葉を聞いたことは無いでしょうか?これはアルコールのカロリーのことを指します。アルコール(エタノール)にももちろんカロリーがあり、1gあたり7kcalと結構大きい値になっています。炭水化物、たんぱく質が1gあたり4kcal、脂質が1gあたり9kcalですから、それと比較しても大きな値です。ただし、このアルコールが持つカロリーは体内で代謝されることで、結局なくなってしまうと言われています。これを称して「エンプティ(空の)カロリー」といいます。

アルコールのカロリー 
= 代謝(呼吸・排泄・発汗・肝臓での分解)により体内に残らない(エンプティーカロリーと言われるゆえん)

 ということで、アルコールそのものには肥満の要素となるカロリーは含まれていますが、アルコールの特異な性質上、脂肪として蓄えられる前に「代謝」により体内に残らないので、適度のアルコールは肥満の直接の原因にはなりません

 少し気をつけないといけないのは、上に書いているのはあくまでアルコール(エタノール)そのもののことで、お酒にはいろんな味や香りがあるようにアルコール以外の栄養素もたくさん含まれています。その旨味そのものの成分による影響もありますし、また、一般的にはお酒だけを呑むというよりおつまみなどの摂取が肥満への大きな原因とも言われていますので、みなさんも飲みすぎ、食べすぎにはお気をつけください。

タイトルとURLをコピーしました