こんにゃくは炭水化物なのになぜ太らないのか?

belly トピックス
silviaritaによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

こんにゃくは太らない炭水化物

 まず結論から簡単に言いますと、こんにゃくは、「水分」と「太らない炭水化物(水溶性食物繊維:グルコマンナン)」からできているので太りません

こんにゃく=水分(97%)+食物繊維(3%)

 食物繊維のエントリーでもお伝えしたように、体内で消化できない炭水化物(≒食物繊維)と水分ですから、たくさん食べてもほぼ排泄されるだけっていうことですね。

こんにゃくの歴史

 こんにゃくの原料、こんにゃく芋の原産地はミャンマー、マレーシア、タイなどの東南アジアだといわれています。食用としては中国の唐代(BC700年ごろ)に記録が残っていおり、非常に古くから食べられていた食品です。

 日本では鎌倉時代ごろに主として薬用、間食用として食べられ始め、江戸時代に製粉の技術の進歩とあいまって一気に大衆化したと言われています。江戸時代は水戸藩の専売食品だったのですが、明治に入って、専売が解禁され製造も分業が進み現在にもつながる普及となりました。

 こんにゃくは、英語でもKonjacと表現するように、日本で広く食べられるようになったものが、発祥であるアジアを含めた欧米へも広がった食品です。

こんにゃくの作り方

 こんにゃくは、こんにゃく粉(精粉:せいこ)と水、食用の水酸化カルシウムから製造されます。こんにゃく芋は、シュウ酸カルシウムを非常に多く含むので、そのままだと刺激性が強く、触るだけでも手が荒れるほどのものです。

 この刺撃の強いこんにゃく芋を粉に加工し、水分を混ぜて水酸化カルシウムで中和し、固化させたものがいわゆるこんにゃくです。

こんにゃくの成分

 こんにゃくは、ほぼ97%程度水分からできており、残りは以前に食物繊維のエントリーでご紹介した水溶性の食物繊維「グルコマンナン」からできています。

食物繊維 主な種類 多く含む食品

不溶性
食物繊維

セルロース 穀類・豆類・野菜
ヘミセルロース 穀類・豆類・野菜・海藻・ごぼう
リグニン 豆類・小麦ふすま・ココア
不溶性ペクチン 野菜・果物(未熟)
キチン カニ、エビの殻
水溶性
食物繊維
水溶性ペクチン 果物(完熟)
グルコマンナン こんにゃく
ガム質 大豆・大麦・ライ麦
アルギン酸 昆布・わかめ

 このグルコマンナンは、人の消化酵素では消化できない多糖類(=炭水化物)ですから、こんにゃくは太らない炭水化物なのです。

 ただ、私たちの腸内にすみついている微生物がこのグルコマンナンを消化するので、一部分は栄養素ともなります。

グルコマンナン

 少しむずかしい話ですが、グルコマンナン(glucomannan)は水溶性の多糖類で、グルコース(ブドウ糖)とマンノース(消化できない単糖類)がおよそ2:3の割合で結合したものです。

 このグルコマンナンはおなかの中で水分を吸収して膨らむ働きがあります。この性質が腸のはたらきを整え、便秘を改善する効用につながっています。

こんにゃくセラミド

 最近、こんにゃくの新しい効果として「美容効果」があると認められるようになりました。

 こんにゃく芋に豊富に含まれているセラミドを食べて摂取することで、皮膚表面のセラミドが増えて、肌の保湿力が高まり、バリア機能を強化することが試験によって明らかになってきています。

 経口摂取したこんにゃくセラミドが、一度体内に入って分解・吸収され脂肪酸とスフィンゴイドになります。この分解物が、皮膚表面のセラミドを改めて合成する働きがあることが近年わかってきたので、改めてこんにゃくの美容効果に注目が集まっています。

こんにゃくを使ったヘルシーレシピ

 この健康的で美容にも効果が有るとされるこんにゃくを使ったレシピを楽天レシピからいくつかご紹介します!

作り置きおかず♪こんにゃくのピリ辛炒め

 楽天レシピの中には、こんにゃくを使ったレシピがなんと25,976品も掲載されているのですが、そのなかで輝ける第1位が、このこんにゃくでいう定番とも言える、ピリ辛炒めとなっています。
 たくさん作って、お弁当やおつまみに最適です。

 詳しいレシピはこちらから!

まちがいないっ!大根とこんにゃくの煮物

 こんにゃく料理の定番といえば、やはり煮物ですね。七味やちりめんじゃこをかけてもおいしいとのことです。
 ぜひ一度お試しください!

 詳しいレシピはこちらから!

ダイエットメニュー♪簡単こんにゃくステーキ

 こんにゃくといえば、ダイエット!お肉が食べたいときでも、代わりにこんにゃくを美味しく食べてヘルシーダイエットを実践できます。

 詳しいレシピはこちら!

糸こんにゃくオイスターソース焼そば風

 次にご紹介するのは、これも本来であれば糖質一杯の炭水化物の代表選手である「麺」ですが、この麺を糸こんにゃくで代用した焼きそばです!

 詳しいレシピはこちら!

 低カロリーでヘルシーな上に美容にも効果があるとされるこんにゃく。海外でもヘルシー志向の高まりとともに、徐々に注目度が上がっています。みなさんも一度改めて、試してみては?最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました